後月郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山県後月郡の位置

後月郡(しつきぐん)は、岡山県備中国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、井原市の大部分(大江町・上稲木町・下稲木町・岩倉町・美星町各町を除く)にあたる。

歴史[編集]

当郡の郡名が見える最古のものは藤原宮跡から出土した木簡で、「後木評」とある。郡を評としていることから701年大宝律令以前の物であることがわかる。大宝律令の際に現在の表記「後月郡」に改められた。平城宮跡からは「後月郡後月郷」と記された木簡が出土されており、後月郷は後の駅家郷と考えられている。郡衙の位置は荏原郷・足次郷・出部郷など諸説あり、特定できていない。郡制廃止後の地方事務所設置の際は、小田郡と合同の小田後月地方事務所が小田郡笠岡町(現・笠岡市)に置かれた。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 大森代官所 2村 高屋村、敷名村
旗本領 3村 ●井原村、宇戸川村、上鴫村
一橋徳川家 22村 ●西江原村、寺戸村、●北山村、青野村、西方村、門田村、山野上村、●笹賀村、下出部村、上出部村、七日市村、東三原村、西三原村、下鴫村、山村、名越村、花滝村、簗瀬村、与井村、●吉井村、天神山村、川相村
倉敷代官所・旗本領 1村 片塚村
旗本領・一橋徳川家領 5村 神代村、東江原村、梶江村、池谷村、●木之子村
藩領 摂津麻田藩 6村 稗原村、佐屋村、北種村、中種村、南種村、井山村

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・井原市。(17村)
  • 明治29年(1896年2月26日 - 井原村が町制施行して井原町となる。(1町16村)
  • 明治33年(1900年4月1日(1町13村)
    • 郡制を施行。
    • 東江原村・神代村が合併して荏原村が発足。
    • 下鴨村・山村・上鴨村が合併して共和村が発足。
  • 明治37年(1904年)4月1日 - 芳水村・足次村が合併して芳井村が発足。(1町12村)
  • 大正11年(1922年)4月1日 - 高屋村が町制施行して高屋町となる。(2町11村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正13年(1924年10月1日 - 芳井村が町制施行して芳井町となる。(3町10村)
  • 大正14年(1925年)4月1日 - 西江原村が町制施行して西江原町となる。(4町9村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和17年(1942年)4月1日 - 井原町・出部村が合併し、改めて井原町が発足。(4町8村)
  • 昭和28年(1953年)4月1日 - 井原町・西江原町・高屋町・荏原村・木之子村・県主村・青野村・山野上村が小田郡稲倉村大江村と合併して井原市が発足し、郡より離脱。(1町3村)
  • 昭和29年(1954年5月1日 - 芳井町・明治村・共和村・三原村が合併し、改めて芳井町が発足。(1町)
  • 平成17年(2005年3月1日 - 芳井町が井原市に編入。同日後月郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]