石見国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石見国
地図 令制国 石見国.svg
-石見国
-山陰道
別称 石州(せきしゅう)
所属 山陰道
相当領域 島根県西部(石見地方
諸元
国力 中国
距離 遠国
6郡37郷
国内主要施設
石見国府 島根県浜田市
石見国分寺 島根県浜田市(石見国分寺跡)
石見国分尼寺 島根県浜田市(石見国分尼寺跡)
一宮 物部神社(島根県大田市
テンプレートを表示

石見国(いわみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陰道に属する。

概要[編集]

東西に長いため、大田市を中心とする東部を「石東」、江津市浜田市を中心とする中部を「石央」、益田市を中心とする西部を「石西」と呼び、三分される。

また、中国山地を唯一越える江の川が流れており、安芸国との結びつきも強い。

領域[編集]

明治維新の直前の領域は、浜田市益田市江津市邑智郡鹿足郡および大田市の大部分(山口町山口・山口町佐津目を除く)、出雲市の一部(多伎町神原)、飯石郡の一部(飯南町塩谷・井戸谷・畑田)、広島県山県郡の一部(北広島町西八幡原の一部)にあたる。

沿革[編集]

7世紀に設置された。

延喜式』に石見国の駅として、波祢(はね)・託農(たくの)・樟道(くすち)・江東・江西・伊甘(いかみ)がみえる。駅は郷と同じ行政単位でもあった。

近世以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

和名抄』によれば、国府は那賀郡にあった。現在の浜田市の伊甘(いかみ)脇遺跡付近や上府(かみこう)遺跡・古市遺跡辺りなど諸説あるが、遺構が発見されていない。また、浜田市下府町(しもこう)へ移転したとする説もある。

国分寺・国分尼寺[編集]

石見国の国分寺・国分尼寺は浜田市国分町にある。現在の曹洞宗の国分寺が国分尼寺跡と推定されている。その近くの金蔵寺(こんぞうじ)境内が国分寺と考えられている。部分的な発掘であるが、当時の山門・金堂・講堂・塔跡などの礎石と推定されるものが検出されている。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、小社34座34社が記載されている。大社はない。
総社一宮以下
  • 総社 庄社 - 伊甘神社(浜田市下府町)境内社。
  • 一宮 物部神社大田市川合町)
  • 二宮 多鳩神社 (江津市二宮町)
  • 三宮 大祭天石門彦神社 (浜田市相生町)

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

石見守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国大名[編集]

武家官位としての石見守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

名産[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は石見国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書16 旧高旧領取調帳 中国四国編」(近藤出版社、1978年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]