松平定長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定長(まつだいら さだなが、寛永17年6月17日1640年8月4日) - 延宝2年2月12日1674年3月19日))は、江戸時代前期の大名伊予松山藩第3代藩主。定勝系久松松平家宗家4代。

2代藩主・松平定頼の次男。母は京極高広の娘(内室養仙院殿)。正室は小倉藩世嗣・小笠原長安の娘、継室は京極高勝の娘。養子は定安定直官位官職は従四位下、隠岐守、侍従

生涯[編集]

寛永17年(1640年)6月17日、誕生。寛文2年(1662年)、長兄・定盛の廃嫡と前後して父の定頼も急死し、遺領松山藩15万石を継承する。翌3年、三津浜に魚市場を開くなど民政に尽くす。この年、従五位下から従四位下に昇る。その他、道後湯月宮(現・伊佐爾波神社)や味酒明神(現・阿沼美神社)などを再興するなど祭祀施設の興隆にも尽くす。定長は太平の御世らしく連歌にも長じ、多くの名作を残した。また、弓術の名手でもあり、同4年(1664年)には将軍徳川家綱の前で弓射を披露している。

同4年(1664年)、石見守を改め隠岐守に転ずる。延宝2年(1674年)正月21日江戸において大病に陥り、今治藩主・松平定時の嫡男の鍋之助(のちの定直)を養嗣にむかえる。同年2月12日、江戸松山藩邸三田中屋敷にて卒去。享年35。松山入りは父・定頼と同じくわずか3回であった。

法号は天鏡院殿前四品寂翁月照大居士。遺髪は身延山久遠寺に納められる。遺骸は父定頼と同じく三田済海寺荼毘に付され、遺骨は松山の大林寺に葬られる。