酒井忠直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
酒井忠直
時代 江戸時代前期
生誕 寛永7年3月23日1630年5月5日
死没 天和2年7月10日1682年8月12日
改名 靭負(幼名)→忠直
戒名 勇厳院殿独立空山大居士
墓所 福井県小浜市男山の空印寺
官位 従五位下、修理大夫従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
若狭小浜藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠勝、母:松平親能の娘
兄弟 忠朝忠経青木可一忠直、ほか女子
正室:松平定頼の娘
忠隆忠稠忠與江見舎政
忠艮直郷、本性院(秋田輝季正室)、
娘(深栖季林室)、娘(田中常行室)、
玄好院(毛利元賢正室のち植村家言継室)、
娘(高木正純室)、娘(酒井忠徂室)、
娘(三浦義職室)
養女:酒井忠朝の娘(亀井政直正室)
空印寺の墓

酒井 忠直(さかい ただなお)は、若狭小浜藩の第2代藩主。小浜藩酒井家3代。

生涯[編集]

寛永7年(1630年)3月23日、初代藩主・酒井忠勝の四男として生まれる。正保元年(1644年)、従五位下、修理大夫に叙任する。慶安2年(1649年)、兄・忠朝廃嫡されたため嫡子となり、明暦2年(1656年)5月26日、父の隠居により家督を継いだ。

寛文8年(1668年)、甥の忠国に1万石を分与して支藩である安房勝山藩を立藩した。寛文12年(1672年)、元下総佐倉藩主であった甥の堀田正信を預かる(正信の弟で正信を預かっていた信濃飯田藩主・脇坂安政播磨龍野藩へ転封されたため)。延宝元年(1673年)には従四位下、侍従に昇進する。しかし延宝5年(1677年)、正信が密かに上洛し、清水寺石清水八幡宮に参拝したため、忠直は閉門、正信は阿波徳島藩主・蜂須賀綱通に預け替えられた。

藩政においては父の政策を受け継いで、藩の諸制度の確立と整備、新田開発、浦見川治水工事、文学の奨励などを行なって藩政を確立した。天和2年(1682年)7月10日、小浜で死去。享年53。跡を長男の忠隆が継いだ。

父の政策を受け継いで藩政を確立したのは、忠直が実直で守成の名君だったからだと言われている。