酒井忠交

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井 忠交
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年2月22日1754年3月15日
死没 享和4年1月20日1804年3月1日
改名 盛之助(幼名)→忠交
別名 左京(通称)
墓所 東京都台東区浅草の崇福寺
官位 従五位下、左近将監縫殿
幕府 江戸幕府
播磨姫路新田藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠恭、母:北原氏
兄弟 忠仰忠得忠宜忠温忠啓忠交忠補
正室:阿部正允の娘
忠質

酒井 忠交(さかい ただかた)は、播磨姫路新田藩の初代藩主。

宝暦4年(1754年)2月22日、酒井家姫路藩の初代藩主・酒井忠恭の八男として生まれる。

明和7年(1770年)4月18日に元服する。閏6月23日に1万石を分与されて姫路新田藩を立藩し、帝鑑詰めとなった。その後、日光祭礼奉行や駿府加番などを務めた。大坂加番も務めている。

享和4年(1804年)1月20日に死去した。享年51。跡を次男の忠質が継いだ。