酒井忠顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井忠顕
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 天保7年(1836年
死没 万延元年10月14日1860年11月26日
改名 稲若(幼名)→忠顕
別名 勘解由(通称)、霽山(号)
戒名 顕徳院殿霽山源魏大居士
墓所 群馬県前橋市紅雲町の龍海院
官位 従四位下、侍従、雅楽頭、左近衛少将
幕府 江戸幕府
播磨姫路藩
氏族 三宅氏雅楽頭酒井家
父母 父:三宅康直、母:西尾忠善の娘
養父:酒井忠宝
兄弟 忠顕忠敬竹腰正旧
正室:文子酒井忠学の娘)
鏐子(酒井忠邦正室)
養子:忠績

酒井 忠顕(さかい ただてる)は、江戸時代末期の大名播磨姫路藩第7代藩主。雅楽頭系酒井家宗家15代。

生涯[編集]

三河田原藩主・三宅康直の長男。康直は第4代姫路藩主酒井忠実の六男で、忠顕は同じく忠実の孫である第6代藩主忠宝の従弟にあたる。忠宝の養女文子(第5代藩主忠学の六女で、忠宝の正室喜曽姫の妹)と結婚して養嗣子となり、嘉永6年(1853年)に18歳で家督を相続した。万延元年(1860年)、25歳で死去し、養子の忠績が跡を継いだ。なお、明治維新後に忠顕未亡人の文子は一時、酒井家宗家の当主となった。

経歴[編集]

官歴[編集]

関連項目[編集]