酒井忠敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠敬(さかい ただゆき、嘉永元年(1848年)12月 - 元治元年4月8日1864年5月13日))は、播磨姫路藩の世嗣。三河国田原藩主・三宅康直の三男。河内守。

7代藩主・酒井忠顕の実弟で、4代藩主・忠実の孫にあたることから、8代藩主・忠績の養子に迎えられた。しかし家督相続前の元治元年(1864年)に17歳で死去した。代わって、忠績の実弟である忠惇が養子となった。