酒井忠言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠言(さかい ただのぶ、宝暦6年1月14日1756年2月13日) - 寛政11年2月22日1799年3月27日))は、越前敦賀藩の第5代藩主。忠稠系小浜藩酒井家別家5代。第4代藩主・酒井忠香の四男。母は水野忠定の娘。正室は三浦明次の娘。子は酒井忠藎(長男)、酒井忠邁(三男)、娘(戸田光陽正室)。官位は従五位下。相模守。

四男だったが、長兄・忠恕が夭逝、次兄・忠節が病弱のため廃嫡、三兄(水谷勝政)も水谷勝久の養子に出されたため、安永3年(1774年)5月、父から後継者に指名された。天明8年(1788年)8月20日、父の隠居により家督を譲られる。大番頭などを務めた。寛政9年(1797年)11月25日、家督を長男・酒井忠藎に譲って隠居し、寛政11年(1799年)2月22日、44歳で死去した。