酒井忠彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
酒井忠彰
酒井忠彰.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永元年9月3日1848年9月29日※異説あり
死没 明治29年(1896年7月31日
戒名 彰徳院殿
官位 正四位、下野
幕府 江戸幕府
上野国伊勢崎藩9代(最後)藩主
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠恒、養父:酒井忠強
正室:三宅康直の八女・歌
鈴(山内豊尹室)、忠知(長男)、忠一
錦子(戸沢正己室)

酒井 忠彰(さかい ただあきら)は、江戸時代末期の大名上野伊勢崎藩の第9代(最後)の藩主。雅楽頭系酒井家支流9代。

経歴[編集]

嘉永元年(1848年)9月3日(または嘉永5年(1852年)10月)、第7代藩主・酒井忠恒の八男として生まれる。兄で第8代藩主の忠強の養子となり、慶応4年(1868年)6月25日に忠強が隠居したため跡を継いだ。

明治2年(1869年)6月22日、版籍奉還により知藩事となり、明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官となる。明治17年(1884年)7月に子爵となる。明治20年(1887年)に正五位に昇進し、明治23年(1890年)には貴族院議員となる。明治25年(1892年)7月には従四位となり同年7月31日に死去した。

一説に忠強との年齢差からみて、忠彰は忠強の実子ではないかとも言われている。

栄典[編集]

注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3929号「叙任及辞令」1896年8月3日。