酒井正親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 正親(さかい まさちか、永正18年(1521年)- 天正4年6月6日1576年7月2日))は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将。松平氏徳川氏)の家臣で、松平清康広忠徳川家康の3代に仕えた。父は酒井清秀。妻は石川清兼の娘。子に酒井重忠酒井忠利。娘は形原松平家松平家忠長沢松平家一門の松平近清に嫁している。一説に初名は政家とする[1]

三河国坂井郷出身。主君家康の初陣に付き従い、その働きを感嘆している[2]。家康が人質として駿府に送られた際には、行動を共にして駿府に行っている。永禄4年(1561年)に三河西尾城を攻め、落城後に城主となった。

天正4年(1576年)6月6日、56歳で病死。墓地は愛知県岡崎市龍海院。なお、兵庫県姫路市姫路神社は、姫路藩主の祖である正親を祭神としている。

注釈[編集]

  1. ^ 出典『寛政重修諸家譜』。ただし「政家」と伝えるのは寛政譜ぐらいであり、他の主な系譜・史書では「正親」となっている。
  2. ^ 徳川実紀』(東照宮御実紀)