本多忠国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
本多忠国
Honnda Tadakuni.jpg
本多忠国像
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文6年(1666年
死没 宝永元年3月21日1704年4月24日
別名 平八郎
官位 従五位下中務大輔従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
大和郡山藩主、陸奥福島藩主、播磨姫路藩
氏族 水戸徳川家支流守山松平家本多氏(平八郎家)
父母 松平頼元小笠原忠真娘嘉禰
本多政長
兄弟 胤、松平頼貞、幸、忠国松平頼愛
小三郎、長、耶々、菊、元、伊夜
池田綱政娘振
忠孝
テンプレートを表示

本多 忠国(ほんだ ただくに)は、江戸時代前期から中期にかけての大名大和国郡山藩主、陸奥国福島藩主、播磨国姫路藩主。忠勝本多家宗家6代。官位従四位下侍従

生涯[編集]

陸奥守山藩主・松平頼元の次男として誕生。水戸藩初代藩主・徳川頼房の孫で、2代藩主・徳川光圀の甥にあたる。大和郡山藩主・本多政長の養子となり[1]、政長死後、家督相続と同時に福島15万石に転封、その後姫路15万石に転封となる。

藩主在任中に死去し、家督は三男の忠孝が継いだ。

逸話[編集]

赤穂浪士吉田兼亮の娘婿伊藤治興が家臣にいる。1703年元禄16年)に吉田兼亮の遺児吉田兼直(幼名は伝内)が連座して伊豆大島へ遠島となると、幕府に許可されている持ち込み上限の金20両・米20俵のぎりぎりに近い、金19両米19俵を伝内に贈って支援している。

年表[編集]

官位位階[編集]

系譜[編集]

系図[編集]

     ┏政朝━政長
     ┃
本多忠政━┫   松平頼元
     ┗亀姫  ┣本多忠国
       ┣━嘉禰
      小笠原忠真

脚注[編集]

  1. ^ 忠国の外祖母亀姫本多忠政の娘であるため、忠国は本多家の血を引いていた。忠国にとって養父・政長は従伯父にあたる。