本多忠政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
本多忠政
本多忠政.jpg
本多忠政像
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正3年(1575年
死没 寛永8年8月10日1631年9月6日
別名 平八郎(通称)[1]、家忠
墓所 兵庫県姫路市書写山圓教寺
官位 従五位下、美濃守、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
伊勢桑名藩主→播磨姫路藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠勝、母:阿知和右衛門の娘
兄弟 小松姫真田信之室)、もり姫(奥平家昌室)、忠政忠朝
正室:熊姫妙高院松平信康の次女)
3男2女:忠刻政朝忠義
国姫堀忠俊正室、後に有馬直純正室)、
亀姫小笠原忠脩正室、後に小笠原忠真正室)

本多 忠政(ほんだ ただまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名伊勢桑名藩第2代藩主。後に播磨姫路藩初代藩主。忠勝系本多家宗家2代。正室は家康の孫の熊姫である[2]

生涯[編集]

天正3年(1575年)、徳川家康の重臣・本多忠勝(後に桑名藩の初代藩主)の長男(第3子)として生まれる[1]

天正18年(1590年)の小田原征伐に初陣し、武蔵岩槻城攻めで功を立てた[1]。慶長3年(1598年)3月、従五位下に叙せられて美濃守と称した[1]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは徳川秀忠軍に属して中山道を進み、第2次上田合戦にも従軍[1]。慶長14年(1609年)6月に父が隠居したため、家督を相続して桑名藩の第2代藩主となる[1]

大坂の陣にも参加し、冬の陣では慶長19年(1614年)10月11日に徳川軍の先鋒を命じられた[1]。忠政は大坂城包囲においては北側の天神橋方面に陣取っていた[1]。冬の陣が終わって家康が帰途についた際、桑名で一泊している[1]。冬の陣の休戦和議締結で大坂城の堀を埋め立てた際、埋め立て奉行を松平忠明達と担当している。慶長20年(1615年)の夏の陣では京都御所の警備を勤め、その後に家康の軍勢と南下して5月7日に豊臣方の薄田兼相毛利勝永らと戦った[1]。薄田軍との合戦には勝利したが、毛利軍との戦いには敗れている[3]。この合戦で忠政は292の敵首をとった[3]

戦後には、それらの功績を賞されて西国の押さえとして、元和3年(1617年)7月14日に姫路城主となって15万石を領した[3][注釈 1]。寛永3年(1626年)8月に従四位下に叙せられ侍従に任官した[3]

寛永16年(1631年)8月10日に姫路で死去した[3]享年57[2]。嫡男の忠刻が寛永3年(1626年)に早世していたため、家督は次男の政朝が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この時、嫡男・忠刻も別途10万石を与えられ、更に次男・政朝(忠政の弟・忠朝の遺領を継いでいた)は上総大多喜から播磨龍野5万石に移され、娘婿・小笠原忠真も信濃松本から播磨明石10万石に移されたため、忠政は実質40万石の大名に相当する位置づけが与えられた[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 郡 p.18
  2. ^ a b 郡 p.20
  3. ^ a b c d e 郡 p.19
  4. ^ 小宮山敏和『譜代大名の創出と幕藩体制』(吉川弘文館、2015年)p.51-52

参考文献[編集]