堀田正虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
堀田正虎
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年7月19日1662年9月1日
死没 享保14年1月22日1729年2月19日
改名 織部(幼名)→正虎
戒名 慈徳院殿瑞山紹運大居士
墓所 東京都台東区西浅草日輪寺
官位 従五位下、従四位下、伊豆
幕府 江戸幕府
下野大宮藩主→陸奥福島藩主→
出羽山形藩
氏族 堀田氏
父母 父:堀田正俊、母:稲葉正則の娘
養父:堀田正仲
兄弟 正仲正虎正高正武
正室:永井尚申の娘
正興(長男)、正村(三男)
養子:正直正春正亮
養女五島盛佳室)

堀田 正虎(ほった まさとら)は、下野大宮藩主、陸奥福島藩の第2代藩主、出羽山形藩の初代藩主。正俊系堀田家3代。

生涯[編集]

寛文2年(1662年)7月19日、大老堀田正俊の次男として生まれる。延宝3年(1675年)、第4代将軍徳川家綱に拝謁し、延宝9年(1681年)6月1日に中奥詰の御小姓となる。天和2年(1682年)に従五位下、伊豆守に叙任する。貞享元年(1684年)に正俊が暗殺されると、家督は双子の兄の正仲が継いだが、このとき父の遺領から2万石を分与されて大宮藩主となった。

元禄7年(1694年)に正仲が死去すると、その養子として福島藩を継ぎ、大宮藩は廃藩となった。

ここまでに堀田家は同じ10万石でも実石高の高い古河から実入りの少ない山形、さらに実入りの少ない福島へと移されたため、転封の費用も含めて藩財政は逼迫、家臣らが困窮したため、大量の藩士を解雇した。この中には後に幕閣の大物となる新井白石も含まれる。

元禄13年(1700年)には出羽山形に移封され、宝永7年(1710年)12月18日には従四位下に叙任される。

享保13年(1728年)7月7日に大坂城代に任じられるが、翌年1月22日に任地に赴く旅中の伊勢亀山にて死去した。享年68。

実子は早世していたため、従兄の正休の五男正直を養子としていたが、正直も早世したためその子の正春が跡を継いだ。また、弟正武の子の正亮も養子に迎え、遺領のうち3000石が正亮に与えられた。

将軍の意向を受けて、生類憐みの令を藩内で忠実に実行したと言われる。