阿部正次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
阿部正次
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄12年(1569年
死没 正保4年11月14日1647年12月10日
改名 徳千代(幼名)→正次
戒名 英隆院殿前備州太守従四位運譽豪翁覚了大居士
墓所 埼玉県さいたま市岩槻区加倉の佛眼山浄國寺
東京都港区の三縁山広度院増上寺
官位 従四位下備中守
幕府 江戸幕府 大坂城代
武蔵鳩ヶ谷藩主→上総大多喜藩主→
相模小田原藩主→武蔵岩槻藩
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正勝、母:江原定次
兄弟 女子、正次忠吉永井直勝正室、正与
正室:佐原義成
政澄重次盛次内藤信照正室、
成瀬之成正室、安藤重元
テンプレートを表示

阿部 正次(あべ まさつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名武蔵国鳩ヶ谷藩上総国大多喜藩相模国小田原藩を経て、武蔵岩槻藩初代藩主。また、大坂城代を務めた。阿部家宗家初代。

略歴[編集]

永禄12年(1569年)、阿部正勝の長男として三河国にて誕生。母は今川氏家臣・江原定次の娘。慶長5年(1600年)に家督を継ぎ、武蔵鳩谷(埼玉県川口市)5000石、慶長15年(1610年)に下野国鹿沼(栃木県鹿沼市)と転ずる。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、大番組衆を率いて従軍し諸将が進軍を留まる中、大坂城に一番に突入して奮戦、一番首も挙げて戦功第一と証せられた。戦後は急速に加増を重ね、寛永3年(1626年)には8万6000石余となり、大坂城代に任じられ、死去するまで22年間もの長期にわたって務めた。

寛永14年(1637年)に勃発した島原の乱の際には、大坂城代として江戸九州間の連絡・調整にあたった。寛永15年(1638年)4月22日、4万6000石を嫡男・重次に譲り、1万石を孫の正令(のち阿部忠秋の養子)に分与し、自身は3万石を領する。11月7日には重次は老中に任命されている。

正保4年(1647年)、現職のまま大坂城中で病没した。享年79。

登場作品[編集]