大岡氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大岡氏
家紋
本姓 藤原北家九条家
家祖 大岡忠勝
種別 武家
華族子爵
出身地 三河国八名郡大岡村
主な根拠地 相模国
三河国
武蔵国
東京都
著名な人物 大岡忠相
大岡忠光
支流、分家 岩槻藩主家武家
凡例 / Category:日本の氏族

大岡氏(おおおかし)は、日本氏族家紋は大岡七宝(剣輪違)。

概要[編集]

大岡氏の出自は『寛政重修諸家譜』によれば、鎌倉時代、摂政・九条教実の後裔忠教(関白・九条忠教とは別人か)が三河国八名郡宇利郷(現・愛知県新城市鳳来町[1])に住み、のち同郡の大岡郷(現・愛知県新城市黒田大岡)に移り、名字大岡と称したのが始まりとするが仮冒とされる。『系図纂要』によると、忠教の子とされる大岡善吉(大岡伝蔵) (『華族類別譜』では関白・九条尚経の子と記載されている)を始祖とする。

戦国時代に入り、初代当主大岡忠勝の代に三河の松平氏へ仕えた。大岡家系譜ではこの忠勝が本家初代となる。忠勝の「」の松平広忠に由来し、大岡氏代々の通字となった。

初代忠勝の三男である2代目当主大岡忠政の代には広忠の子徳川家康に仕え、家康の関東入国に従い高座郡堤村(茅ヶ崎市)に知行200石を与えられ本貫地とし、後には同郡の大曲村(寒川町)、高田村(茅ヶ崎市)を加え600余石となる。忠政には4子があったが、長男大岡忠俊関ヶ原の戦いにおいて戦死し、跡を継いだ忠政の次男大岡忠行大坂夏の陣において討ち死したため、忠政の三男大岡忠世の長男大岡忠種が忠行の養子として本家を相続した。また忠世は父忠政から大曲村を分与され、一家を起こしたほか、忠政の四男大岡忠吉も高田村を分与され一家を起こし、大岡氏は3家にわかれた旗本の家系となった。

元禄6年(1693年)、忠吉の孫にあたる大岡忠高の嫡男・大岡忠品が第5代将軍・徳川綱吉の怒りを買い、遠島に処され、さらに元禄9年(1696年)、忠種の子大岡忠英が上役・大番頭の高力忠弘を殺害して、自刃した事により一門連座して閉門に処されるなど、逆風の時代が続くことになる。

しかし、第8代将軍・徳川吉宗の時代となって、忠高の四男であり、忠世の子大岡忠真の養子となった大岡忠相(大岡越前守)が出て、江戸南町奉行として活躍。その功績により西大平藩1万石の大名に取り立てられた他、9代将軍・徳川家重の時代になって忠吉の系譜から側用人となった大岡忠光(大岡出雲守)が出てこれも岩槻藩2万3000石の大名に取り立てられた。

以後、この2家は幕末まで続き、西大平藩の最後の藩主大岡忠敬岩槻藩の最後の藩主大岡忠貫のいずれもが明治2年(1869年)、版籍奉還で藩知事となり、明治4年(1871年)、廃藩置県により、子爵へと列せられた。

一族[編集]

西大平藩主家(大岡忠世系統)[編集]

西大平藩を治めた大岡家の分家、後に宗家。大岡忠吉家大岡忠高の四男大岡忠相が宗家大岡忠真の養子となり、第8代将軍・徳川吉宗に取り立てられ、三河国額田郡西大平1万石の大名となった。後に本来の宗家である大岡忠行家は断絶したため事実上の惣領家となり、大岡忠勝を初代と数える。廃藩置県後、子爵家となり、華族令廃止後の現在も存続している。

歴代当主

  1. 大岡忠勝
  2. 大岡忠政
  3. 大岡忠世
  4. 大岡忠真
  5. 大岡忠相
  6. 大岡忠宜
  7. 大岡忠恒
  8. 大岡忠與
  9. 大岡忠移
  10. 大岡忠愛
  11. 大岡忠敬
  12. 大岡忠明
  13. 大岡忠綱
  14. 大岡忠輔
  15. 大岡秀朗 - 婿養子、子に大岡幹忠1985年 - )。

岩槻藩主家(大岡忠房系統)[編集]

大岡忠房を始祖とする。上総勝浦藩武蔵岩槻藩を治めた大岡家の分家。家紋は同じく大岡七宝。寛永10年(1633年)に大岡宗家当主・大岡忠政の三男・大岡忠吉が第2代将軍徳川秀忠の娘・東福門院(和子)に近侍して、2300余石を与えられたことに始まる。忠吉の子・大岡忠房の曾孫・大岡忠光は第9代将軍家重側用人となり、上総国夷隅郡勝浦1万石の大名となる。後、武蔵国埼玉郡岩槻に2万石で移封された。後に、忠固の代に3千石加増され2万3千石となった。廃藩置県後、大岡忠世家と同じく子爵家となり、華族令廃止後の現在も存続している。

歴代当主

  1. 大岡忠房
  2. 大岡忠儀
  3. 大岡忠利
  4. 大岡忠光
  5. 大岡忠喜
  6. 大岡忠要
  7. 大岡忠烈
  8. 大岡忠正
  9. 大岡忠固
  10. 大岡忠恕
  11. 大岡忠貫
  12. 大岡忠量
  13. 大岡忠礼
  14. 大岡忠憲
  15. 大岡忠恒 - 子に大岡忠誉1974年 - )。

その他[編集]

  • 大岡忠行系統(大岡本宗家)
    大岡宗家2代当主忠政の次男・忠行を始祖とする旗本家。家紋は玉垣。忠行が本貫地の相模国高座郡堤の地頭職を引き継いだことに始まる。初代・忠行の長男・第2代当主・忠種は旗本最高位の大目付に栄進し、第5代当主・忠恒は旗本奉行となった。しかし、その後、10代ほどで断絶した。
  • 大岡忠吉系統
    大岡宗家2代当主忠政の三男・忠吉を始祖とする旗本家。相模国高座郡高田村を分与されたことに始まる。女院付けとなり、東福門院に近習し、飛び地として山城国相楽郡に300石を加増された。大坂の役に従軍し、その功により、最終的に2300石の旗本となった。第3代当主・忠品は5代将軍綱吉の怒りを買い、島流しとなる。しかし、後に許され、存続した。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮「オホヲカ」『国立国会図書館デジタルコレクション 姓氏家系大辞典』第1巻、上田萬年、三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1107-1109頁。全国書誌番号:47004572NCID BN05000207OCLC 673726070

関連項目[編集]

外部リンク[編集]