大岡忠要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
大岡忠要
時代 江戸時代
生誕 明和3年12月8日1767年1月8日
死没 天明6年9月23日1786年10月14日
別名 式部
墓所 玉峰山龍門寺
官位 従五位下式部少輔
幕府 江戸幕府 泰者番
武蔵国岩槻藩
氏族 大岡氏
父母 父:大岡忠喜
兄弟 忠要忠烈
養子:忠烈

大岡 忠要(おおおか ただとし)は、江戸時代中期の大名武蔵国岩槻藩第3代藩主。大岡忠房家6代当主。大岡忠喜の長男。

天明元年(1781年)、10代将軍徳川家治に拝謁し、従五位下式部少輔に叙任。天明2年(1782年)、父・忠喜の隠居により家督を継ぐ。しかし、就任してまもなく、天明の大飢饉が起こり、同時に天災続きで岩槻藩は財政難に陥ったため、忠要は藩士の児玉南柯を勝手向取締役に任命して、厳しい倹約令を布き、岩槻藩の財政改革を実施させたが、危機の打開には至らなかった天明5年(1785年)に奏者番に就任するが、その翌年、天明6年(1786年)、父・忠善に先立って死去した。享年21。

家督は弟の忠烈が継いだ。