阿部重次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 重次(あべ しげつぐ、慶長3年(1598年) - 慶安4年4月20日1651年6月8日))は、武蔵岩槻藩第2代藩主。徳川家光のもとで老中をつとめる。阿部家宗家2代。

大坂城代を務めた初代藩主・阿部正次の次男。母は佐原義成の娘。正室は三浦重成の娘、継室は松平定勝の娘正寿院。子に定高(長男)、正春(次男)、娘(松平忠倶正室)、娘(松平近陳正室)。官位は山城守、対馬守。

生涯[編集]

初め、男子に恵まれなかった三浦重成(義次)の婿養子となったが、後に重成に男子(三浦重勝)が生まれたために、重成は重次に近江国浅井郡3000石の所領を分与し、別家を立てさせた。大坂夏の陣の際には病気の重成に代わって、重次が三浦家を率いて出陣した。(のち、三浦家は重勝死去で断絶となり、重勝の弟の系統が阿部氏の家臣となっている。)

実兄で世嗣の阿部政澄が死去したため阿部家に戻り、相続した。同時期に老中を務めた阿部忠秋とは従兄弟同士で、重次が本家筋にあたる。

元和2年(1616年)7月6日に幕府から改易された松平忠輝(家光の叔父)の子・徳松を預かるが、重次に冷遇された徳松自身は寛永9年(1632年)に焼身自殺する事件を起こしている。

正次は寛永3年(1626年)から死去する正保4年(1647年)まで大坂城代に任じられているが、その間に重次も寛永15年(1638年)に老中に任命されている。

主君の将軍家光はしばしば日光東照宮に社参しているが、江戸からの1泊目が岩槻にあたり、岩槻城主である重次が接待にあたっている。慶安4年(1651年)、家光が死去すると殉死した(同日、堀田正盛も殉職)。享年54。

家督は長男・定高が継いだ。

経歴[編集]

  • 寛永10年(1633年) 3月23日、六人衆となる
  • 寛永15年(1638年) 4月22日、5万9000石をもって岩槻藩主となる
  • 寛永15年(1638年)11月7日、老中に任ぜられる
  • 正保4年 (1647年)11月14日、父・正次、大坂城において死去
  • 慶安元年(1648年) 7月18日、父の遺領をあわせて9万9000石を領する
  • 慶安4年 (1651年) 4月20日、将軍家光の死去にともなって殉死

辞世は「天てらす月のひかりともろもろに 行すへすゞし曙のそら」。