阿部政澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 政澄(あべ まさずみ、文禄元年(1593年) - 寛永5年8月4日1628年9月1日))は、武蔵国岩槻藩の世嗣。

初代藩主で大坂城代も務めた阿部正次の長男。母は佐原義成の娘。正室は加藤清正の娘・本淨院。子は阿部正能(長男)、娘(阿部忠秋養女、有馬康純継室)。修理亮。

大坂の陣には、父とともに参陣し、武功を挙げている。その後、大坂城代になった父に代わり岩槻藩の留守を守るが、家督相続前に病没した。弟の阿部重次が外祖父の三浦重成(義次)の養子になっていたが復姓し、家督を継いだ。

長男・正能は、正次から分知を受け大多喜藩主となったのち、従弟の忠秋の養子となり、武蔵忍藩主を継ぐ。娘も忠秋の養女となった。