大岡忠光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大岡忠光
Ooka Tadamitsu.jpg
大岡忠光像(龍門寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝永6年(1709年
正徳2年3月7日1712年4月12日)とも
死没 宝暦10年4月26日1760年6月9日
別名 兵庫、主膳(通称)
戒名 得祥院殿義山天忠大居士
墓所 埼玉県さいたま市岩槻区日の出町の龍門寺
官位 従五位下、従四位下・出雲
幕府 江戸幕府 若年寄側用人
主君 徳川家重
上総勝浦藩主→武蔵岩槻藩
氏族 大岡氏
父母 父:大岡忠利
母:天野重忠の養女
正室:大井政長の娘
忠喜加納久周巨勢至方
長君(牧野忠寛正室)、娘(横田以松正室)

大岡 忠光(おおおか ただみつ)は、江戸時代中期の旗本大名江戸幕府御側御用人若年寄を務め、第9代将軍徳川家重の側近として活躍した。上総勝浦藩主、武蔵岩槻藩初代藩主。

生涯[編集]

300石の旗本大岡忠利(助七郎)の長男で、大岡忠房家4代当主。同時代に江戸南町奉行として活躍した大岡忠相(後に三河西大平藩主、いわゆる大岡越前)とは、ともに大岡忠吉の子孫に当たる関係であり、個人的にも親交があった。

享保7年(1722年)に第8代将軍徳川吉宗御目見する。享保9年(1724年)8月に将軍世子(後の第9代将軍)家重の小姓となり、江戸城二の丸へ詰める。翌年には西の丸へ詰め、以後家重に側近として仕える。享保12年(1727年)従五位下出雲守に叙任。享保18年(1733年)、800石の地方知行取となる。

延享2年(1745年)の家重の将軍就任以後、家重の幼い頃から近侍していた忠光は、不明瞭な家重の言葉を唯一理解できたため信頼があつく、その側近として異例の出世を遂げた。宝暦元年(1751年上総勝浦藩1万石の大名に取り立てられ、同4年奥兼帯の若年寄に昇進し、5,000石加増。同6年には吉宗時代に廃止されていた側用人に就任して従四位下に昇り、さらに5,000石を加増され、合計2万石を得て武蔵岩槻藩主に封じられた。

年表[編集]

※日付=旧暦

法名:得祥院殿義山天忠大居士。墓所:埼玉県さいたま市岩槻区日の出町の玉峰山龍門寺

人物・逸話[編集]

将軍の言葉を意のままに伝えることができたにもかかわらず、決して奢ることや幕政に口を挟むようなこともなかったという。遠縁で同じく旗本から大名へ出世した大岡忠相に身のあり方などを聞いていたという。

当時の忠光を知る逸話として、当時オランダ商館長をしていたイサーク・ティチングが、忠光のことを著書『将軍列伝』の中で次のように書いている。

「家重は大岡出雲守という真実の友を持っていた。大岡出雲守はまことに寛大な人物で、他人の過失も咎めなかった。あらゆる点で大岡は上にあげた吉宗お気に入りの3人の家来(吉宗の御側御用取次であった加納久通小笠原胤次渋谷和泉の3人の事)をお手本にしていた。それで、その死後、大岡について次のような歌ができたのである。

『大方は出雲のほかにかみはなし』

その意味は、要するに『出雲(=忠光)のような神はない云々』ということであるが、詠み人は、出雲(=忠光)の立派な性質のすべてについていうことは皮相なことであるとつけ加えている。(なぜなら、)『我々は皆、そのこと(忠光の人柄と業績)をよく見て知っている』といい、また、『そして涙を流して彼(=忠光)の思い出に感謝を捧げるのだ』ともいっている。」

— イサーク・ティチング『将軍列伝』

幕府の要人に対しても忌憚なき庶民の生の声が知ることの出来る川柳では「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」と世間で謳われた松平定信のように幕政などへの批判が少なくないが、この句から忠光が民衆に好意を持たれていたことが非常に良くわかる。また、この句の作者の忠光に対しての尊敬と感謝の思いは読み手にも伝わってくる。

  • 家重が春日園へ遊びに行った際、忠光は所用で側にいなかった。このため家臣は家重が何を言っているのか聞き分けることができず、急使を出して忠光に伝えた。人を介してのことにもかかわらず、忠光は家重の言葉を解し、「御上(家重)は寒いから上着が欲しいのだ」と答えた。それを聞いた家臣が忠光の言う通り上着を家重に差し出すと、家重は喜んだという(『続三王外記』)。
  • 宝暦6年(1756年)に岩槻藩主となった忠光は、その4年後に死去した。しかしその4年間にオランダから伝わった木綿種を領内で試植したり、砂糖種の蒔付けや栗や梅の植樹を奨励し、産業発展に尽くした。また、家中や領内で70歳以上の老人がいれば、全てに金を与えて人心を収攬した。さらに忠光は家臣の内海平十郎に対して「民を治める道は重要で、精一杯取り計らい、百姓が難儀しないように治めよ」と下命したという(『得祥院様御行状誌』)。

登場作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界人物逸話大事典』(角川書店
  • 『朝日日本歴史人物事典』