松平近陳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平近陳
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永15年3月3日1638年4月16日
死没 享保4年12月10日1720年1月19日
改名 虎之助(幼名)、近陳、如元(法号)
別名 昭重
戒名 証真院
墓所 大分県大分市浄安寺
官位 従五位下筑前守対馬守
幕府 江戸幕府 奏者番
主君 徳川家綱綱吉
豊後府内藩
氏族 大給松平家
父母 松平忠昭酒井忠正
兄弟 近陳近鎮近良中根正延室、
岡部豊明
阿部重次板倉重矩
近禎近苗、梅休院ら
テンプレートを表示

松平 近陳(まつだいら ちかのぶ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名豊後国府内藩2代藩主。親清流大給松平家6代当主。官位従五位下筑前守対馬守

生涯[編集]

初代藩主・松平忠昭の長男として誕生。母は旗本・酒井忠正の娘。

延宝4年(1676年)3月27日、父の隠居により跡を継いだ。この際、弟・近鎮に新田領を含めた1500石、同じく弟・近良に1000石を分与している。奏者番となった。宝永2年(1705年)11月11日に次男・近禎に家督を譲って隠居し、享保4年(1719年)12月10日に82歳の長寿をもって死去した。

系譜[編集]