阿部正邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 正邦(あべ まさくに、万治元年4月19日1658年5月21日) - 正徳5年1月27日1715年3月2日))は、江戸時代前期の大名。武蔵国岩槻藩5代藩主、丹後国宮津藩主、下野国宇都宮藩主、備後国福山藩初代藩主。阿部家宗家5代。

岩槻藩第3代藩主阿部定高の次男。正室は山内豊昌の娘、継室は春日氏。子に阿部正羽(三男)、阿部正福(四男)、阿部正容(五男)、娘(榊原政倫と婚約、早世)、娘(土井利実正室)、娘(丹羽秀延正室)、娘(井伊直矩正室)、娘(六郷政長正室)。幼名は作十郎。

生涯[編集]

岩槻藩主・阿部定高の次男として生まれる。父・定高は万治2年(1659年)に25歳で死去するが、嫡子である正邦はわずか2歳と幼少であったため、定高の弟・正春が家督を継いだ。しかし家臣内の反発もあり、寛文11年12月19日(1672年)、正春は14歳の正邦に家督を譲り、支藩上総大多喜藩を自ら分知して立てた。

正邦は幕府に疎んじられたらしく、10年後の天和元年(1681年)に丹後宮津藩(旧領と同じ9万9000石)へ転封され、それから16年後の元禄10年(1697年)には下野宇都宮藩に1000石増加の10万石で移され、さらに13年後の宝永7年(1710年)、備後福山藩(石高同じ)に転封された。福山藩への入封時には正邦はすでに53歳になっていて、「至極ニ能所」であるが「只今ハ困窮いたし」と、宇都宮から遠く離れた福山への転封に困惑する心境を述べている。

正邦は福山転封の翌年、正徳元年(1711年)3月28日に福山へ入部し、「指出帳」(宝永差出帳)を全村から提出させて、領内の実情を把握した。この差出帳には、各村の石高、寺社、商品作物、鉄砲など村の概要と年貢納入の方法や、五人組などの諸制度が載せられている。同年9月には各郡奉行から村々へ、治安に関する条項を中心とした「条々」35ヵ条を公布して、領主交替時に起こる動揺を抑えようとし、同2年(1712年)には年貢の納め方についての請書を出させた。また、同3年(1713年)には村入用に関する規定を定め、節約と村政の公正を命令している。商業統制では宝永7年(1710年)に升改めを実施している。こうして、正徳3年(1713年)頃までに正邦は福山藩領内を掌握し、西国街道筋の譜代大名としての存在意義を定着化させていった。

このように正邦は、阿部家の福山藩主では藩政に比較的積極的に取り組んでいたが、転封から5年後の正徳5年(1715年)、江戸において死去した。家督は四男・正福が継いだ。は長生院殿尋誉耀海踞岸。墓地は西福寺台東区浅草)、のち谷中墓地(台東区谷中)に改葬。

官位[編集]

転載元[編集]

外部リンク[編集]