松平資承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平資承
Matsudaira Suketsugu.jpg
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延2年10月29日1749年12月8日
死没 寛政12年8月18日1800年10月6日
改名 富次郎(幼名)→資承
戒名 最勝院殿顕誉義性本然大居士
墓所 東京都台東区浅草の安養寺
京都府宮津市金屋谷の大頂寺
官位 従五位下、豊後守、伊予守、因幡守、
伯耆
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行
主君 徳川家治家斉
丹後宮津藩
氏族 大河内松平家本庄松平家
父母 父:松平正温、母:長山氏
養父:松平資尹
兄弟 正升本庄道信資承信譲
正恒近藤用和正室、松平乗森継室、水野範明正室、松平尚庸室のち松平正喬継室
正室:浅野宗恒の娘
資統宗允宗発資恭安藤直馨資克資譲、娘(富田知良正室)、娘(堀田一知正室)、娘(津軽親足正室)、娘(朽木綱方正室)、娘(水野忠啓正室)

松平 資承(まつだいら すけつぐ)は、丹後宮津藩の第3代藩主。本庄松平家6代。

生涯[編集]

寛延2年(1749年)10月29日、上総大多喜藩の第3代藩主松平正温の三男として江戸で生まれる。宝暦13年(1763年)3月15日、将軍徳川家治御目見した。明和2年(1765年)9月16日、宮津藩の第2代藩主松平資尹が死去したため、末期養子として家督を継いだ。10月1日、将軍徳川家治に御目見した。12月18日、従五位下豊後守に叙任した。

安永5年(1776年)1月29日、奏者番に就任した。天明4年(1784年)4月26日、寺社奉行との兼任となった。7月2日、松平宗資の長男村上常勝の子孫である村上常福に新田350石を分知する。天明6年(1786年)閏10月2日、寺社奉行を辞職する。この時期、藩政においては、天明の大飢饉で大被害を受けて米価が異常高騰し、餓死者が多数出て、古記録には「言語に尽し難き困窮の年柄」とある。

寛政8年(1796年)2月28日、奏者番を辞職する。11月17日、隠居し、次男宗允に家督を譲る。寛政12年(1800年)8月18日に江戸で死去。享年52。