奥平昌成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
奥平昌成
Okudaira Masashige.jpg
奥平昌成像(奥平神社蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 元禄7年11月6日1694年12月22日
死没 延享3年11月14日1746年12月25日
改名 熊太郎(幼名)、昌成
別名 昌春(別名)
戒名 竜源院殿徳翁道見大居士
墓所 東京都品川区北品川の東海寺清光院
官位 従五位下、従四位下、大膳大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗家重
下野宇都宮藩主→丹後宮津藩主→豊前中津藩
氏族 奥平氏
父母 父:奥平昌章、母:岡見氏
兄弟 次郎吉、昌成
正室:阿部正喬の娘
昌敦昌純(三男)、竹谷松平義峯(六男)、娘(内藤信興正室)、娘(土屋篤直正室)、娘(堀田正邦継室)

奥平 昌成(おくだいら まさしげ)は、江戸時代中期の大名下野宇都宮藩主、丹後宮津藩主を経て、豊前中津藩の初代藩主。中津藩奥平家5代。

生涯[編集]

元禄7年(1694年)11月6日、宇都宮藩主・奥平昌明(昌章)の次男として生まれる。長兄の次郎吉が早世したために世子となり、元禄8年(1695年)に昌明の死去により2歳で家督を継いだ。

元禄10年(1697年)2月11日に宮津藩へ移封される[1]。同16年9月28日1703年)、10歳で綱吉将軍に初御目見する。宝永4年(1707年)12月23日、従五位下・大膳大夫に叙位・任官する。

正徳3年(1713年)、宮津で領内巡検を行う。同年10月26日老中阿部正喬の娘と婚姻する。

享保2年(1717年)2月11日に1万石加増の上で、豊前中津10万石に移封となる。同7年(1722年)3月、藩士に対し、中津藩庁へ先祖書を提出させた。これが、現在に伝わる奥平家臣に関する資料の元となる。

延享元年(1744年)12月16日に従四位下に昇叙する。延享3年(1746年)11月14日に死去した。享年53。跡を次男の昌敦が継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 坂本『シリーズ藩物語 宇都宮藩・高徳藩』、P61

参考文献[編集]