奥平忠昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
奥平忠昌
Okudaira Tadamasa.jpg
奥平忠昌像(奥平神社蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長13年(1608年
死没 寛文8年2月19日1668年3月31日
改名 千福丸(幼名)→忠昌
別名 九八郎(通称)
戒名 玄光院殿海印道堪大居士
墓所 栃木県宇都宮市今泉の興禅寺
官位 従四位下、美作
幕府 江戸幕府
下野宇都宮藩主→下総古河藩
氏族 奥平氏
父母 父:奥平家昌、母:法明院(本多忠勝の次女)
兄弟 忠昌ビン姫
正室:桂岳院(鳥居忠政の娘)
昌能、娘(内藤信良正室)、娘(最上義智継室)、娘(由良頼繁室)、アキ(五島盛勝正室)、乞院(立花種明継室)

奥平 忠昌(おくだいら ただまさ)は、江戸時代前期の大名下野宇都宮藩主、下総古河藩主。奥平家昌の長男。

生涯[編集]

慶長13年(1608年)、下野宇都宮藩主・奥平家昌の長男として誕生。徳川家康の曾孫にあたる。

慶長19年10月10日1614年11月11日)、父・家昌が病のため急死した。同月23日、大坂の陣により亡父が命じられていた江戸城の本丸留守居役は幼少では務まらないため免除の下命が出された。翌月11月18日12月18日)、ようやく家督相続が認められ、下野宇都宮藩10万石の藩主にわずか7歳で就任する。元服のとき、大叔父・徳川秀忠から偏を受けて忠昌と名乗った。元和2年(1616年)3月、傅役の桑名勝成を従えて駿府まで出向き、病床の曽祖父・家康を見舞うと寝所まで招き入れられ、白鳥鞘の鑓を授けられた。

元和5年10月13日1619年11月18日)、日光東照宮参拝のため将軍秀忠が宇都宮に立ち寄った際、生涯3度目の拝謁を賜る。この時、1万石の加増を受けるが、下総古河へ11万石(古河が6万石、下妻が2万5千石、小山2万5千石の計11万石)での転封が言い渡された。その後、元和8年(1622年)8月に宇都宮城釣天井事件の影響で宇都宮藩へ11万石で再封される。

明暦3年正月18日19日1657年3月2日3日)には明暦の大火の煽りを受けて、日比谷の上屋敷、木挽町の中屋敷が類焼した。

寛文8年2月19日1668年3月31日)、江戸汐留の藩邸で死去、61歳。長男昌能が家督を継いだ。

関連項目[編集]