本多忠敞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本多 忠敞(ほんだ ただひさ、享保12年(1727年) - 宝暦9年7月10日1759年8月2日))は、江戸時代中期の大名下総国古河藩第2代藩主、石見国浜田藩初代藩主。忠勝系本多家宗家9代。

生涯[編集]

老中などを務めた本多忠良の長男[1]。正室は牧野貞通女。子に本多忠粛(長男)、娘(本多忠盈正室)、歌(植村家久正室のち三浦前次継室)。官位は従五位下、美濃守、中務大輔。名は忠敝とも。

宝暦元年(1751年)に父・忠良の死去により家督相続[1]。宝暦9年(1759年)、古河から石見浜田へ移封[1]となるが、直後に33歳で死去した。家督は養嫡子忠盈真田信弘の子)が継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c 早川『シリーズ藩物語 古河藩』、P108

参考文献[編集]