松平康定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康定
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享4年12月1日1748年1月1日
死没 文化4年3月23日1807年4月30日
改名 吉五郎(幼名)、康定
戒名 清崇院殿順誉徳風民興大居士
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
埼玉県川越市小仙波町の光西寺
官位 従五位下 左京亮周防守
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行
主君 徳川家斉
石見浜田藩
氏族 藤原姓前田家松井松平家
父母 前田房長青木直宥の娘・紋
養父松平康敬(旗本3000石として)、松平康福(浜田藩主として)
兄弟 前田清長康定前田富長
正室松平康福の娘
松平康任正室、康保
養子康任
テンプレートを表示

松平 康定(まつだいら やすさだ)は、石見国浜田藩主。松井松平家7代。

生涯[編集]

延享4年(1747年)、旗本前田房長の3男として生まれる。はじめ浜田藩松井松平家の分家の松平康敬の養子となり、その家督を継いで300石の旗本となる。ところが本家の先代藩主・松平康福に嗣子がなかったことから、明和5年(1768年)10月に婿養子として迎えられ、12月28日に従五位下・左京亮に叙位・任官する。

寛政元年(1789年)、康福の死去により家督を継ぐ。このとき、周防守に遷任した。寛政4年(1791年)4月、所領のうち石見の一部・伊豆相模の計5000石が信濃高井郡水内郡に替地となり、富竹陣屋を置いて支配した。寛政7年(1795年)12月に奏者番に任じられる。もともと文学肌の藩主であり、参勤交代の途上で本居宣長を訪ねて国学に傾倒し、藩校・長善館を創設している。なお、財政再建を図って造林業を推進したが失敗した。

寛政10年(1798年)5月、奏者番を兼任する形で寺社奉行に任じられる。文化4年(1807年)3月23日に江戸で死去した。享年61。跡を婿養子の康任が継いだ。

系譜[編集]