本多忠粛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本多 忠粛(ほんだ ただとし、宝暦9年(1759年) - 安永6年5月8日1777年6月13日))は、江戸時代中期の大名石見浜田藩第3代藩主、三河岡崎藩初代藩主。忠勝系本多家宗家11代。

先々代で浜田藩初代藩主・本多忠敞の長男。前藩主本多忠盈の養子となる。正室は牧野貞長女。官位は、従五位下。中務大輔。この家系は徳川四天王の一人である本多忠勝の直系の家。

明和4年(1767年)に前藩主・本多忠盈の死去により家督を相続する。明和6年(1769年)11月18日に三河岡崎藩に移封となる。安永6年に死去すると、前藩主・忠盈の実子である忠典が跡を継いだ。