松平武揚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 武揚(まつだいら たけおき、文政10年6月14日1827年7月7日)- 天保13年7月28日1842年9月2日))は、石見浜田藩の第2代藩主。越智松平家6代。

讃岐高松藩松平頼恕の次男(三男とも)。母は側室・野宣勝成の娘。正室は松平斉厚の娘。官位は従四位下、右近将監。

高松で生まれる。幼名は鋭之助。先代藩主の斉厚が天保10年(1839年)に死去したため、その婿養子として跡を継ぐ。天保11年(1840年)12月に叙任するが、天保13年(1842年)7月28日、浜田で死去した。享年16。嗣子はなく、通常は末期養子が認められる年齢でもなかったが、御家門ということで配慮もあり、従兄にあたる武成が跡を継いだ。法号は詣山大乗院。墓所は島根県浜田市殿町の妙智寺。