松平康福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康福
時代 江戸時代中期
生誕 享保4年(1719年[1]
死没 寛政元年2月8日1789年3月4日
改名 団之助(幼名)→康福
別名 弥三郎(通称)
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、周防守、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
石見浜田藩主→下総古河藩主→三河岡崎藩主→石見浜田藩主
氏族 松井松平家
父母 父:松平康豊、母:井上氏
正室:土岐頼稔の娘
娘(松平康定正室)、娘(田沼意知正室)、娘(松平乗保正室)
養子:松平康定

松平 康福(まつだいら やすよし)は、江戸時代中期の大名老中、老中首座。はじめ5万400石だったが加増され6万余石となる。石見浜田藩の第5代藩主、下総古河藩主、三河岡崎藩主を経て再び浜田藩主。松井松平家6代。奏者番寺社奉行大坂城代を経て、老中に抜擢された。

生涯[編集]

石見浜田藩4代藩主・松平康豊の長男[1]。元文元年(1736年)に家督を相続して浜田藩の第5代藩主となる[1]寛延2年(1749年)に奏者番に任命されたのを振り出しとして、宝暦9年(1759年)には寺社奉行兼任となり、下総古河に移封された[1]。宝暦10年(1760年)に大坂城代に任命され、宝暦12年(1762年)9月晦日に三河岡崎に移封され、12月には西の丸老中に任命された[1]

天明元年(1781年)、老中首座松平輝高が在任中に死去し、その後を襲って老中首座となる。これまで勝手掛(財政担当)は老中首座が兼務する不文律があったが、田沼意次の強い意向で勝手掛は同列の水野忠友にまわされた。その埋め合わせとして天明5年(1785年)、1万石加増。封地は、浜田から古河、岡崎、再び浜田と、1代で国替を数度経験する[1]。この間、娘を意次の嫡男意知に姻がせている。

天明6年(1786年)の意次、失脚後も松平定信老中就任や寛政の改革に最後まで抵抗したが、天明8年(1788年)4月3日に免職された。

その後、従弟の康定に家督を譲って隠居し、寛政元年(1789年)2月8日に死去した。

経歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c d e f 早川『シリーズ藩物語 古河藩』、P109

関連項目[編集]