松平武成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平武成
時代 江戸時代後期
生誕 文政8年7月3日1825年8月16日
死没 弘化4年9月20日1847年10月28日
官位 従五位下右近将監
石見国浜田藩
氏族 尾張徳川家分家高須松平家→越智松平家
父母 父:松平義建、母:規姫(徳川治紀の娘・真証院)
養父:松平武揚
兄弟 源之助、徳川慶勝松平武成、整三郎、
徳川茂徳松平容保松平定敬、鐵丸、
松平義勇
正室:徳川斉匡の娘
養子:武聰

松平 武成(まつだいら たけなり / たけしげ)は、石見浜田藩の第3代藩主。越智松平家7代。

美濃高須藩松平義建の三男。母は徳川治紀の娘。正室は田安斉匡の娘。官位は従五位下、右近将監。

尾張藩徳川慶勝の同母弟で、一橋徳川家当主徳川茂徳会津藩松平容保桑名藩松平定敬、高須藩主松平義勇の兄に当たる。

天保13年(1842年)、先代藩主の松平武揚(血統上は母方の従弟にあたる)が早世したため、その跡を継ぐ。藩財政再建のために天保14年(1843年)より倹約令を出し、さらに弘化3年(1846年)には横井小楠の意見を用いて山林の藩経営化や瓦・陶器の製造、養蚕業や製鉄業、製糸業、鉱山開発などの産業奨励に尽力することで藩政再建を目指したが、弘化4年(1847年)9月20日に23歳で早世した。跡を養嗣子(武揚と同じく母方の従弟にあたる)の武聰が継いだ。法号は鋭岳大憲院。墓所は東京都荒川区東日暮里の善性寺。

系図[編集]

実際の親子関係と婚姻関係のみを示す。

越智
松平武元
 
 
 
 
(水戸)
徳川治保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
越智
松平武寛
 
 
 
 
(水戸)
徳川治紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(高須)
松平義和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
越智
松平斉厚
 
(高松)
松平頼恕
(水戸)
徳川斉昭
 
 
 
 
 
 
規姫
 
(高須)
松平義建
 
 
(会津)
松平容敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
越智
松平武揚
(水戸)
徳川慶篤
(一橋/将軍)
徳川慶喜
越智
松平武聰
(尾張)
徳川慶勝
越智
松平武成
(高須/尾張/一橋)
徳川茂徳
(会津)
松平容保
(桑名)
松平定敬
(高須)
松平義勇