松平康爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康爵
時代 江戸時代後期
生誕 文化7年6月6日1810年7月7日
死没 慶応4年5月8日1868年6月27日
戒名 寛隆院殿温誉誠円徳潤大居士
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従五位下左近将監周防守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
石見浜田藩主、陸奥棚倉藩
氏族 松井松平家
父母 松平康任松平康定
兄弟 康寿康爵康圭、達、聡子、知姫、
簾子、愛姫、小出英発正室
稲葉雍通
九鬼隆義継室、康済康圭新庄直彪正室
テンプレートを表示

松平 康爵(まつだいら やすたか)は、江戸時代後期の大名石見国浜田藩主、陸奥国棚倉藩主。官位従五位下左近将監周防守松井松平家9代。

生涯[編集]

文化7年(1810年)、浜田藩の先代藩主・松平康任の次男として誕生。天保2年(1831年)8月26日、兄・康寿の早世により嫡子となる。同年11月1日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下・左近将監に叙任する。父が国禁とされている密貿易(竹島事件)によって天保6年12月9日(1835年)に強制隠居の上で永蟄居処分となったため、その跡を受けて家督を相続した。しかし密貿易による処罰はなおも続き、天保7年(1836年)3月12日に陸奥棚倉に懲罰的な移封を命じられた。

嘉永7年(1854年)9月16日、家督を弟で養子・康圭に譲って隠居する。慶応4年(1868年)5月8日に死去した。享年59。

系譜[編集]