小笠原長堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小笠原 長堯
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦11年(1761年
死没 文化9年5月3日1812年6月11日
改名 岩丸(幼名)→長堯
別名 津八郎(通称)
戒名 南顎院殿
墓所 東京都文京区本駒込の龍光寺
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
陸奥棚倉藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長恭
母:永姫(小笠原忠基の養女、小笠原忠貞の娘)
正室:松平頼恭の娘
千勝丸長瑶義八郎角之進篤三郎
長昌長恒(七男)、娘(北条氏喬正室)、
娘(小笠原長保正室)

小笠原 長堯(おがさわら ながたか)は、陸奥棚倉藩の第2代藩主。忠知系小笠原家8代。

生涯[編集]

宝暦11年(1761年)、初代藩主小笠原長恭の長男として生まれる。安永5年(1776年)に父が死去したため、家督を継いだ。天明の大飢饉においてはほとんど被害を受けないという抜群の手腕を見せたことから幕府にその実力を認められ、寛政2年(1790年)3月に奏者番に任じられて寛政の改革に参与した。

寛政10年(1798年)1月、浅川において一揆が起こると、藩の軍勢を動かして鎮圧している。文化9年(1812年)3月24日、家督を六男の長昌に譲って隠居したが、直後の5月3日に死去した。享年52。