松平康寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 康寿(まつだいら やすひさ、文化6年4月13日1809年5月26日) - 天保2年7月3日1831年8月10日))は、石見国浜田藩の嫡子。官位は左近将監。

3代藩主・松平康任の長男。正室は島津斉宣の娘・勝姫(島津斉興養女)。浜田藩嫡子だったが、家督を継ぐことなく早世した。代わって弟の康爵が嫡子となった。