稲葉雍通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
稲葉 雍通
Inaba Terumichi.jpg
稲葉雍通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永5年5月8日1776年6月23日
死没 弘化4年9月18日1847年10月26日
改名 園江、虎次郎、雍通
戒名 本休院殿一心宗安大居士
墓所 東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下、豊後守、伊予守、下総
幕府 江戸幕府
主君 徳川将軍家
豊後国臼杵藩 第11代藩主
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉弘通、母:津田氏(側室)
兄弟 稲葉侯通稲葉雍通稲葉通臧稲葉通度伊東祐鐘正室、新庄直計正室、堀直庸正室、一柳末昭正室、細川利国正室
正室:有馬頼貴の娘
稲葉尊通(長男)、稲葉幾通(次男)、稲葉通臧(三男)、稲葉通孚(四男)、娘(松井松平康爵正室)、娘(大河内松平輝茂正室)

稲葉 雍通(いなば てるみち)は、豊後国臼杵藩の第11代藩主。

兄の稲葉侯通が早世したため嫡子となり、寛政12年(1800年)9月10日、父の隠居により家督を継いだ。教育に力を注いで、武術稽古堂や学問所を創設した。さらに藩財政再建のために倹約令を出したが、1812年12月に百姓一揆が起こり、勘定方を罷免させて百姓の要望を聞き入れるしかなかった。文政3年(1820年)5月6日、長男・尊通に家督を譲って隠居したが、実権はなおも掌握した。また、翌年に尊通が早世したため、三男・幾通に家督を継がせて、雍通はその後見人としてなおも藩政を主導した。

しかし天保年間に入ると、藩の借金が26万両にもふくれあがったため、天保2年(1831年)11月から村瀬通吉を登用して、倹約や殖産興業政策などの藩財政改革を行なって、成功を収めた。天保14年(1843年)に幾通も自身に先立って早世したため、孫の観通を擁立して、死ぬまで藩政を取り仕切っている。弘化4年(1847年)9月18日、江戸藩邸で72歳で死去した。