稲葉知通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
稲葉知通
Inaba Tomomichi.jpg
稲葉知通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代
生誕 承応元年9月19日(1652年10月21日)
死没 宝永3年4月15日(1706年5月26日)
改名 通周→知通
別名 市正
戒名 本霊院殿一嶽宗泰大居士
墓所 東禅寺(東京都港区高輪
官位 能登守、従五位下
幕府 江戸幕府 外様大名
主君 徳川氏
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉信通
母:織田信良の娘
兄弟 景通、通行、花山院定誠室、織田信久正室
正室:溝口重雄の娘
稲葉恒通(次男)、稲葉通大(三男)
テンプレートを表示

稲葉 知通(いなば ともみち、承応元年9月19日1652年10月21日)- 宝永3年4月15日1706年5月26日))は、豊後国臼杵藩の第6代藩主。

第4代藩主・稲葉信通の三男。母は織田信良の娘。正室は溝口重雄の娘。子は稲葉恒通(次男)、稲葉通大(三男)。官位は従五位下、能登守。初名は通周。通称、市正。

元禄7年(1694年)、兄で先代藩主の景通が死去したため、その跡を継いだ。藩政においては道路改修や商業発展などに尽力した。宝永3年(1706年)4月15日、55歳で死去し、跡を次男・恒通が継いだ。墓所は東京都港区高輪東禅寺

系譜[編集]

知通は複数の有名な戦国武将の子孫である。本能寺の変明智光秀織田信長を襲撃し、自害に追い込んだことで著名であるが、知通は両者の玄孫に当たる。また細川忠興の曾孫、丹羽長秀の玄孫、斎藤道三の来孫でもある。

仁孝天皇は知通の来孫に当たる[1]

 
 
 
 
 
明智光秀
 
 
細川ガラシャ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多羅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
細川忠興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲葉貞通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲葉典通
 
 
 
 
 
 
稲葉信通
 
 
 
稲葉景通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斎藤道三
 
 
 
 
 
 
 
 
稲葉一通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
丹羽長秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲葉知通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木造具政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
濃姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
織田信良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
織田信長
 
 
織田信雄
 
織田高長
 
 
 
 
 
 
織田信久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 知通-恒通-女(勧修寺顕道室)-経逸婧子光格天皇典侍)-仁孝天皇