濃姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のうひめ / のひめ[注釈 1]
濃姫
Statue of Nōhime.jpg
濃姫之像(清洲城模擬天守横)
生誕 天文4年(1535年[1]
死没 諸説あり
別名 於濃、帰蝶、胡蝶、鷺山殿、安土殿[説]
配偶者 (土岐頼純)[2]織田信長
子供 なし[異説あり][注釈 3]
斎藤道三小見の方
親戚 兄弟:
義龍龍重喜平次利堯利治
姉妹:
[説1]女(斎藤利三正室)、女(姉小路頼綱正室)、女(稲葉貞通正室)
[説2]女(金森長近室)、女(休庵室)[注釈 4]
その他:
明智宗寂(伯父)、明智光秀(従兄弟[注釈 5]

濃姫(のうひめ / のひめ[注釈 1])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。美濃国戦国大名である斎藤道三(秀龍)[注釈 6]の娘で、政略結婚で尾張国の戦国大名・織田信長に嫁いだ。通説では、信長の正室とされる[注釈 7]

呼び名[編集]

広く知られた『絵本太閤記』や『武将感状記』で、濃姫として登場している[5][6]ことからこの名が有名になったが、これは濃州つまり美濃国の高貴な女性というだけの意味の通称に過ぎず、所謂、名前とは異なる。

名前に言及している書籍は僅かだが、江戸時代に成立した『美濃国諸旧記』では帰蝶/歸蝶(きちょう)であったとされ、『武功夜話』では胡蝶(こちょう)であったとする[8]。同じく『美濃国諸旧記』で、秀龍が天文17年(1548年)に稲葉山城斎藤義龍に譲って出家して、(再び)道三と号して鷺山城に退き、翌年、この城から古渡城[注釈 8]の信長のもとに嫁いだために、鷺山殿(さぎやまどの)と呼ばれていた[1]と書かれているが、これは当時の習慣に則したもので筋が通る。信長の妻の称としては、於濃の方[注釈 9](おのうのかた)とも呼ばれるが、『絵本太閤記』等の通俗本の呼称である濃姫を元にするよりは鷺山殿の称の方が由来は明確である。『美濃国諸旧記』では上総介信長の北の方(正室)となったとの記述もある[7]ので、それを信じるならば、鷺山殿が信長の正室であったと考えることができる。

また後述するが、安土殿と呼ばれていた女性が濃姫と同一人物であるという最近の説もある。総見院於鍋の方の隣に葬られた養華院という女性が、信長の妻の1人として葬られていることは確かであるが[9]、それを濃姫であると断定するまでにはまだ検討の余地がある[10]

略歴[編集]

濃姫は、斎藤道三の娘で、母は正室の小見の方[1]。『美濃国諸旧記』では、小見の方は、東美濃随一の名家であったという明智氏の出身であり、濃姫は正室唯一の子であったとされる[11]。小見の方は、『系図纂要』『明智氏一族宮城家相伝系図書』では明智光継の娘、光綱の妹とされるので、(一説に光綱の子という)明智光秀の叔母にあたることになり、濃姫と光秀は従兄妹の関係にあったはずだが、光秀の出自自体に不明な点が多く、諸説があって正確な続柄はよく分からない[注釈 5]。しかし恐らくは明智の同族ではあるのだろう。

生年を記した書物は『美濃国諸旧記』しかないが、濃姫は天文4年(1535年)の生まれだという[1]。これは信長よりも1つ年下である。

天文10年(1541年)頃、斎藤道三は守護土岐頼芸を放逐し、その連枝を殺害して、美濃国の国主となったが、依然として土岐氏に従う家臣も多く、国内の秩序は乱れていたので、頼芸より下賜された側室・深芳野の子である長男・義龍を、頼芸の落胤であると称して美濃守護に据えた[12]

しかし天文13年(1544年)8月、斎藤氏の台頭を嫌う隣国・尾張織田信秀は”退治”と称して土岐頼芸を援助して兵5千を派遣し、越前朝倉孝景の加勢を受けた頼芸の甥・土岐頼純(政頼)が兵7千と共に南と西より攻め入った。斎藤勢はまず南方の織田勢(織田寛近)と交戦したが、過半が討ち取られ、稲葉山城の城下を焼かれた。同時に西より朝倉勢が接近したため、道三はそれぞれと和睦して事を収めることにした。織田家との和睦の条件で信秀嫡男の吉法師丸(信長)と娘と結婚させるという契約を交わし、また頼芸を北方城に入れ、頼純を川手城へ入れると約束した[13]

天文15年(1546年)、道三は朝倉孝景とも和睦し、土岐頼芸が守護職を頼純に譲るという条件で、新たに和睦の証(人質)として娘を頼純へ輿入れさせ、頼芸・頼純を美濃に入国させた。この娘が正室の娘である濃姫であった、とする説があり[10]、この説では濃姫はこの時数えで12歳で、美濃守護職・土岐頼純の正室となったとされるが、この頼純の正室と濃姫を同一人物であるとする説の史料による確証はない。

信秀との約束は一旦保留となったが、織田・朝倉の方でも道三を討伐しようという考えを捨てておらず、天文16年(1547年)8月[注釈 10]、土岐頼芸・頼純に大桑城に拠って土岐氏を支持する家臣団を糾合して蜂起するように促した。道三はこれを知って驚き、織田・朝倉勢が押し寄せる前に大桑城を落とそうと大軍で攻め寄せ、頼芸は朝倉氏の越前国一乗谷に落ち延びた[15]。9月3日、信秀は再び美濃に侵攻して稲葉山城下を焼いたが、22日の夕暮れに退却しようとしている所を齋藤勢に奇襲されて敗戦した[16]加納口の戦い)。

土岐頼純は、『美濃国諸旧記』では同年8月[14]の大桑城落城の際に討ち死に、または同年11月に突然亡くなったとする[10]。前出の同一人物説では、濃姫は夫の死によって実家に戻ったと推測されている。

天文16年から翌年にかけて、道三と信秀は大垣城を巡って再三争ったが決着は付かず、和睦することとなり、先年の縁組の約束が再び持ち上がった。『美濃国諸旧記』によれば信秀が病気がちとなっていたため契約の早期履行を督促したとされ[7]、天文18年2月24日1549年3月23日)に濃姫として知られる道三の娘は織田信長に嫁いだ[1]媒人明智光安であったとされる[7]。この時、濃姫は数えで15歳であった[7]。一方、『信長公記』によれば織田家臣の平手政秀の(個人的な)政治力で和睦と信長の縁組みがまとめられたという[17][注釈 11]


『絵本太閤記』と『武将感状記』のよく知られた逸話に、結婚の1年後、濃姫が熟睡すると信長は毎夜寝所を出て暁に帰るという不審な行動を1か月も続け、浮気を疑う濃姫が尋ねると、信長は密計を図っていて、謀叛を起こす道三の2人の家老(堀田道空、春日丹後守[注釈 12])からの連絡を待っているのだと答えた。濃姫はついにその旨を父に知らせると、道三は信長の離間策にはまって、家老の裏切りを疑って殺害してしまったというものがある[6][5][注釈 13]

天文22年(1553年)4月には、信長と道三が正徳寺で会見を行っている[18]が、そもそも先年の婚儀以後、濃姫についての記載は『美濃国諸旧記』から途絶える。道三の遺言でも一言の言及もない[19]。他方で、『勢州軍記』『総見記』には、信長の御台所である斎藤道三の娘が、若君(御子)に恵まれなかったので、側室(妾腹)が生んだ奇妙丸(信忠)を養子とし嫡男としたという記述がある[20][21]

斎藤家の菩提寺常在寺に父・道三の肖像を寄進した(時期不明)と寺伝にあるのを最後に、濃姫は歴史の記録から完全に姿を消す。このために濃姫は没年も不明であり、菩提寺も戒名も特定されていない。

濃姫の生涯に関する諸説[編集]

濃姫の史料は極めて乏しく、その実像には謎が多い。『信長公記』には入輿について短い記述があるだけで、その後は一切登場しない[注釈 11]。その他の史書にも記載が少ないため、濃姫の生涯については様々な推測がなされている。ただしこれらはあくまで「推測」であり、史料を基に確認されるものはない。 また、2人の間には子ができなかったというのが通説であるが、信長の子供、特に女児の生母は不明の場合が多く、本当に子がいなかったかも確かではない[注釈 14]

離縁説[編集]

阿井景子は、『信長公記』など史料に入輿は記載されているが最後が記載されていないのは、織田家と縁が切れていたためと推測し、政略結婚の意義を失った濃姫との婚姻は無用のものとなったので、生駒殿懐妊(弘治2年夏ころ)を契機に織田家を追放され、濃姫は実父の敵の義龍を嫌って母方の叔父・明智光安明智城に身をよせた、と考えた[22]

しかし他の女性についても輿入れ後の消息が記されている例はむしろ希であり、『信長公記』には信忠生母についても何の言及もない。女性の記録が少ないのは当時は普通であり、それらが全部縁を切られたと考える道理はない。婿である信長を美濃国の後継者と定めた道三の国譲状[19]があったことを考えれば、濃姫を正室としておくことは美濃攻略の足がかりともなるので信長にとって必要であったし、道三の側室の一人は信長の妹であって、重縁である斎藤氏との縁を切る必要があったとは、常識では考えられない。美濃衆が家臣団に加わりつつあったという状況ではむしろその縁は利用できたはずである。また、基本的に人質としての性格のある道三の娘を、道三を殺した兄・義龍との戦争を理由に、わざわざ離縁して実家に返してやるという必然性は見いだせない。

離縁されたとするならば、何らかの特別な事情があったはずだが、そのようなことを記した史料は存在しない。

信長の家臣団には、斎藤氏と織田氏の共通の親族と言える武将が多数おり、『勢州軍記』にあるように信忠[注釈 15]を濃姫の養子として嫡男とした[20]のなら、信長が家督を信忠に譲って美濃と尾張の支配を委ねたことは、道三の国譲状により、後継者の正統性を強調する非常に合理的な手段であったと言えるのである。

死亡説[編集]

織田家の公式行事などに濃姫が登場しなくなることを理由に、結婚から本能寺の変のあった天正10年(1582年)までの間に、病気など何らかの理由で死んだと考えるのが、死亡説である[10]。ただし、記録がないことを論拠とするため、死亡したという証拠があるわけではない。

早世説[編集]

寛永15年(1638年)頃に成立したとされる『濃陽諸士伝記』には、道三を殺した斎藤義龍が病没してその子・龍興の代になった頃(話の内容からすると永禄4年(1561年)から同6年(1563年)の間と思われる)、義龍の娘に馬場殿[注釈 16]という大変美しい女性がいて、信長から妾(側室)にしたいとの話があったが、龍興が言うには、信長は道三の婿で馬場殿は信長の妻の姪となるので、「其妻死後に遣り難し」と述べ、ましてや妾などとしてくれてやるのはもってのほかで、土岐氏の嫡流である当家の名が廃ると言ってと拒否した。これを聞いた信長は、元来堪え性のない勇敢な人物だったので、憎々しい物言いだと怒って、稲葉山城に何度も攻め寄せて永禄7年(1564年)8月下旬に落城させたという話が書かれている[23]。これを信じるならば、濃姫が(少なくとも永禄7年、つまり28歳前後には)既に亡くなっていて、信長の正室にも別の人物が収まっていたことになる。ただし、実際に稲葉山城が落城したのは永禄10年(1567年)のことであり、整合性には乏しい。

『本能寺焼討之図』(楊斎延一作)
中央右奥、安田作兵衛の向こう側で長刀を振るう女性は濃姫を描いたものである。

阿井景子は、離縁説を前提として、信長によって濃姫が母方の実家である叔父の明智光安の明智城に返されたと推測し、義龍の美濃統一戦の時に攻撃を受けて、弘治2年9月19日1556年11月1日)の落城によって22歳で明智一族と運命を共にし、その滅亡によって墓所も口伝も残らなかった[22]とする説を主張した。これは道三の死から僅か5ヶ月後に過ぎない。

戦死説[編集]

江戸中期の浄瑠璃・歌舞伎『絵本太功記(本能寺の段)』等では、「阿能局」として登場する濃姫が本能寺の変の際に薙刀を振るって夫・信長とともに敵兵と戦って戦死する場面がある。しかし概ねは創作物における逸話である[注釈 17]

民間伝承としては、岐阜県岐阜市不動町には本能寺の変の際に信長の家臣の一人が濃姫の遺髪を携えて京から逃れて、この地に辿り着き埋葬したという濃姫遺髪塚(西野不動堂)がある[注釈 18]。(『美濃国諸旧記』の生年を信じるならば)信長とは1歳違いなので、本能寺の変の時に亡くなった場合、享年は48となる。

生存説[編集]

生存説とは、つまり濃姫の生きた痕跡を探して存在の可能性を示そうというもので、死亡説への反論でもある。

江戸時代後期成立の『明智軍記』には、尾張平定後の饗膳の際に、信長内室[注釈 19]が美濃討伐の命令を望む家臣達に感謝し、たくさんのアワビなどを振舞ったという記載がある。『明智軍記』は元禄年間[注釈 20]に書かれたもので、史実と異なる点や誇張・歪曲している点なども多くみられるが、少なくとも江戸時代には一般的に濃姫は信長の正室として存在したと認識されていて、道三亡き後に濃姫が離縁されたり、亡くなったというような話は、伝わっていなかったと推測されている。

享保年間に成立した『近江国輿地志』には、成菩提院[注釈 2]深砂王の書像の奇譚のエピソード[注釈 21]として、信長の「御台所」が宿泊して図らずも安産ができたとする記事が存在する[3]が、御台所が誰を指しているか、いつのことかなのかは記されていないので、濃姫のことだとは断定できない。『武功夜話』によると、永禄8年(1565年)に信長の新居城である小牧山城に生駒殿のために「御台様御殿」が増築されたとされ、信忠信雄五徳、妹の須古女を伴って同御殿に入った生駒殿は翌年にそこで亡くなったので[25]、この記事は生駒殿(御台様)の安産を指している可能性もある。

言継卿記』には、信長が足利義昭を擁して上洛した後の永禄12年(1569年)7月条に、斎藤義龍の後家(近江の方)を庇う信長本妻という記述[注釈 22]があり、こちらはむしろ濃姫の生存を示す史料ではないかと考えられる。同年の別の記に「姑に会いに行く信長」の記述も見られるが、これは濃姫の生母(小見の方)を指しているはずで、岡田正人は姑の存在は濃姫が生存していたがこそであると主張する[27]

寛永年間に成立したとされる『氏郷記』には、蒲生賢秀[注釈 23]が本能寺の変直後に安土城から日野城へ「信長公御台君達など」を避難させたという記述がある[28][9]。『総見院殿追善記[注釈 24]にも、安土城から落ち延びた北の方の記述が見られる。信長の正室と呼ばれた人物が、生駒殿の死後には見られないため、この御台や北の方は濃姫のことを指していて、変の時には彼女らは安土城にいたと考えても特に矛盾はない[29]

さらに『妙心寺史』には、天正11年6月2日(1583年7月20日)に信長公夫人主催で一周忌を執り行った記事があり、羽柴秀吉主催とは別の一周忌法会であるため、興雲院(於鍋の方)とは別人と推測され、他にも候補はいるものの、濃姫をさす可能性はあるとされる。

これらの生存説は、信長死後も濃姫は生存していたことを示しているように思われるという程度で、確証に乏しかったが、近年、個人を特定しようという新説が登場した。

安土殿説[編集]

総見院・織田信長公供養塔。養華院は興雲院の隣で格式高く造られている。

信長の次男・織田信雄が天正15年(1587年)頃の家族や家臣団の構成をまとめた『織田信雄分限帳』に、あつち殿(安土殿)という女性が書かれているが、これが濃姫を指すのではないかと考えられている[10]

記載によると、安土殿は600貫文の知行を与えられているが、女性としては御内様(信雄正室、北畠具教の娘)、岡崎殿(徳姫、信雄の実妹)に続く3番目に記載され、その次の大方殿様は信長生母・土田御前と推測され、5番目が小林殿牧長清室、信長妹)となっていて、織田家における地位の高さが伺える。安土城の「安土」という土地を冠されていることから、その地と所縁の深いのはすなわち信長の妻で、それも正室にあたるのではないかと推測された。「安土殿」が濃姫だとすれば、この時点で生存していたことになる[30]

平成4年(1992年)、岡田正人は、調査によって鷺山殿の法名が安土摠見寺蔵『泰巌相公縁会名簿』[注釈 25]に「養華院殿要津妙玄大姉 慶長十七年壬子七月九日 信長公御台」と記されていたと発表した[注釈 26]。また京都の大徳寺総見院には「養華」と刻まれた五輪供養塔(卒塔婆)があると奉じ、NHKの大河ドラマ『信長』内で、従来説を覆し、濃姫(鷺山殿)が慶長17年7月9日1612年8月5日[注釈 26]まで78歳の天寿を全うしたと放送した。また岡田正人は養華院は濃姫であると主張し[33][31]、於濃(濃姫)の墓所との地元伝承のある瑞龍寺墓所については玉泉院前田利長室)の生母は別人であろうと推定した[34][33][注釈 14]。これらが正しければ、濃姫は(織田氏の菩提寺である)大徳寺総見院に埋葬されている可能性がある[10][35]

上記の岡田正人の説に対して、永田恭教は養華院に関する大徳寺の記録は全て寵妾となっていることから、養華院は濃姫ではなく側室の一人であったと反論をしている[36]


濃姫を主題とする作品[編集]

テレビドラマ
小説
漫画

藤咲あゆな→戦国姫 花の巻 終章

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 濃姫の称の出典である『絵本太閤記』『武将感状記』の振り仮名は「の ひめ」と書かれている[5][6]
  2. ^ a b 滋賀県米原市柏原にある。
  3. ^ 『近江国輿地志』にある成菩提院[注釈 2]で出産した信長の御台所を濃姫と仮定する説がある[3]
  4. ^ [説2]は『濃陽諸士伝記』による[4]
  5. ^ a b 濃姫の生年が天文4年であるならば、光秀は従兄であるべきだが、『美濃国諸旧記』では光秀を濃姫の「従弟」と書いており、通説とは異なり、光秀をだいぶ若く見積もっていたようである。
  6. ^ 『美濃国諸旧記』では秀龍の娘。
  7. ^ 信長の正室が誰かをはっきりと示すような一次史料は存在しないが、『美濃国諸旧記』に「上総介信長の北の方(正室)とぞ相なりぬ」という記述がある[7]
  8. ^ 通説では嫁いだ頃には信長は那古屋城に移っていたはずであるが、『美濃国諸旧記』の記述による。
  9. ^ 於はと同じ、敬語を作る接頭辞である。通常、「於濃の方」とさらに接尾にも言葉が足されて用いられる。
  10. ^ 『江濃記』では大桑城落城が11月とある[14]
  11. ^ a b 『信長公記』には道三の「息女」とあるだけで、名前も婚儀の時期も記されていない。
  12. ^ 両名の名は『信長公記』にも見られるが、後者は人物不詳。
  13. ^ ただし、道三が実際に家老を殺害したといった、この逸話に該当しそうな記録は存在しない。
  14. ^ a b 永姫には生母が濃姫であるという説がある。
  15. ^ 信忠生母が生駒殿という説をとると、信忠は生駒殿が正式に信長の妻として迎えられる前に生まれた可能性があるため、惣領としての権威付けをする特別な理由があったと考えることは可能である。
  16. ^ 義龍に娘がいたという記録はないが、道三を討ち取ったことで知られる小牧源太(道家)が家で預かられていたという[23]
  17. ^ 本能寺の変の際に濃姫が戦死したという話は、一度として史料で確認されたことはなく、いわゆる小説の世界での話であり、確かなものではなかった[24]
  18. ^ ただし看板には「濃姫之墓」とある。また、石碑は寛文5年乙巳(1665年)との銘があり、江戸時代のものである。
  19. ^ 「内室」は他人の正室を敬っていう言葉で、信長には正室として認知されている人物は濃姫しかいないので、濃姫のことをさすと推定される。
  20. ^ 最古の元版は1693年版。
  21. ^ 信長の御台所が安産した後で、ある時に護摩堂から失火したが、深砂王と慈恵大師の掛け軸が飛んできて、柿木の掛かり、ここで火が鎮火した。以来、人々はこの掛け軸に安産を祈願し、柿木を切り刻んでお守りとして持ち帰るようになったという内容[3]
  22. ^ 信長が斎藤義竜の後家が所持していた、壷(茶器)を差し出すよう何度も催促したが、後家は岐阜落城の折(永禄10年)に紛失したと主張して「これ以上私を責めるならば自害する」と信長に抗議したとき、「信長本妻」が「兄弟女子十六人自害なすべし」と同調したとされる話[26]。近江の方の親族である「信長本妻」とは濃姫をさすと考えられる。
  23. ^ 蒲生賢秀は、安土城二の丸の御番衆の1人で、留守居を任されていた。
  24. ^ 本来は「天正記」の一部である漢文の『惟任退治記』を仮名交り文に改めたもの。
  25. ^ 9頁の記述。『泰巌相公縁会名簿』は寛延3年(1751年)以後、同寺で編纂されたもの。
  26. ^ a b 西ヶ谷恭弘の著作『考証織田信長事典』では岡田正人の調査によって発表された内容が「慶長17年7月5日」であったと書いてある[31]が、岡田正人の著作『織田信長総合辞典』では「慶長17年7月9日」と書いてある[32]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 黒川真道 1915, p.41
  2. ^ とする説がある。
  3. ^ a b c 寒川 1915, p.244
  4. ^ 黒川真道 1915, pp.404-405
  5. ^ a b c 岡田玉山 国立国会図書館デジタルコレクション 『絵本太閤記. 初編 巻1,2』 東京同益出版社、1882年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/878011/57 国立国会図書館デジタルコレクション 
  6. ^ a b c 博文館編輯局編 国立国会図書館デジタルコレクション 『武将感状記』 博文館、1941年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109790/71 国立国会図書館デジタルコレクション 
  7. ^ a b c d e 黒川真道 1915, p.54
  8. ^ 西ヶ谷 2000, p.239.
  9. ^ a b 西ヶ谷 2000, p.241
  10. ^ a b c d e f 川口素生、「Q30 信長の正室・濃姫をめぐる秘密と謎とは?」 『山内一豊と妻千代101の謎』 PHP研究所、2005年ISBN 4569664652 
  11. ^ 黒川真道 1915, p.42
  12. ^ 黒川真道 1915, p.49
  13. ^ 黒川真道 1915, pp.49-50.
  14. ^ a b 塙保己一 1893, p.141
  15. ^ 黒川真道 1915, pp.50-53.
  16. ^ , 太田 & 中川 2013, p.25.
  17. ^ 太田 & 中川 2013, p.27.
  18. ^ , 太田 & 中川 2013, pp.33-35.
  19. ^ a b 塙保己一 1893, p.143
  20. ^ a b 滝澤 2015, p.9
  21. ^ 『総見記』23、先君御家督定事
  22. ^ a b 阿井景子「歴史の舞台から消えた薄幸の女ー(正室)斎藤氏の内訌と濃姫失踪の謎を解くー」、学研『歴史群像20巻 激闘織田軍団「天下布武」への新戦略』p193
  23. ^ a b 黒川真道 1915, p.412.
  24. ^ 岡田 1999, p.397.
  25. ^ 西ヶ谷 2000, pp.241-242.
  26. ^ 織田信長と岐阜 13.信長の正室・濃姫
  27. ^ 岡田 1999, pp.158-159
  28. ^ 黒川真道 1911, p.51-52.
  29. ^ 岡田 1999, p.159
  30. ^ 岡田 1999, pp.159-160
  31. ^ a b 西ヶ谷 2000, pp.240-241
  32. ^ 岡田 1999, pp.397-398.
  33. ^ a b 岡田正人「信長の正室、帰蝶(濃姫)の生存を検証する」、『歴史読本』47巻3号、1992年
  34. ^ 西ヶ谷 2000, p.245.
  35. ^ 岡田 1999, p.162
  36. ^ 永田恭教「濃 織田信長・室―謎に包まれた生涯を解明する―」、『歴史読本』59巻3号、2014年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]