斎藤利三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
斎藤利三
Saito Kuranosuke.jpg
「太平記英勇伝五十四:齋藤内蔵助利三」(落合芳幾作)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文3年(1534年
死没 天正10年6月17日1582年7月6日
別名 通称:内蔵助
諡号 真正極楽寺京都府京都市
妙心寺(京都府京都市)
主君 松山新介斎藤義龍稲葉一鉄明智光秀
氏族 斎藤氏
父母 父:斎藤利賢、母:蜷川親順
兄弟 石谷頼辰利三三続、女(蜷川親長室)、女(長宗我部元親正室
養兄弟:斎藤親三
正室:斎藤道三の娘
継室:安(稲葉一鉄の娘)
利康利宗三存七兵衛、娘(柴田勝全前室)、娘(柴田勝全継室)、春日局(福)稲葉重通養女、稲葉正成継室)
テンプレートを表示

斎藤 利三(さいとう としみつ[注釈 1])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将明智光秀の家臣。春日局の父。

出自[編集]

血統的には、斎藤道三とは別の系譜で、本来の美濃斎藤氏の一族。ただし家系には諸説あって判然としない。

父は斎藤伊豆守(諱は利賢、豊後守利忠とも)、母は蜷川親順(室町幕府の重臣蜷川氏)の娘である[1]

親順の孫となる蜷川親長の妻は、利三の姉妹であり、系譜上の錯誤の可能性がある。徳川実紀には、「斎藤利三は明智光秀の妹の子」と書かれているが、後世に編纂されたもので、根拠は不明。斎藤利三と明智光秀の年齢差を考えると、妹ではなく姉だとする説もある。史料として光秀の妹と記されているのは、光秀の正室(妻木氏)の姉妹である。その母は、石谷光政に再嫁し、娘(長宗我部元親正室)をもうけた。

前室は斎藤道三の娘であったというが、史料的な裏付けはない。後室は稲葉一鉄の娘で、斎藤利宗、斎藤三存、それに末娘の福(春日局)らを産んだ。福は稲葉重通(一鉄の子)の養女となり、江戸幕府の第3代将軍徳川家光の乳母となり、権勢を誇った。

生涯[編集]

天文3年(1534年)、斎藤利賢の次男として生まれる。

利三は、実兄の石谷頼辰や明智光秀と同様に幕府の奉公衆の出身であり、上京後に摂津国の松山新介に仕え京都白河の軍事をつとめる(『寛政重修諸家譜』)[1]、次いで斎藤義龍に仕え、後に、西美濃三人衆の一人・稲葉一鉄が織田氏へ寝返ると、それに従い、稲葉氏の家来になったとされるが、家来というよりは与力だった可能性が高いとする指摘もある[2]。後に軍功の割に厚遇されていないことへの不満と一鉄への諫言を斥けられたことから稲葉家を致仕し[3]明智光秀から召し抱えられた。さらに光秀は那波直治も引き抜こうとして訴訟沙汰まで起こしていた。光秀の人材登用にかける思い入れの深さと姿勢が見られ、光秀の経営の真骨頂と評価されている [4]。光秀には重用され、明智秀満と並ぶ明智氏の筆頭家老として用いられた。光秀の丹波平定後、1万石を与えられて丹波黒井城主となり、氷上郡統治にあたる[5]

天正10年(1582年)の本能寺の変の直前、四国の長宗我部元親が光秀の家臣で親戚関係にあった利三とやりとりした書状が見つかった、と林原美術館(岡山市)と岡山県立博物館(同市)が発表した。書状で元親は四国侵攻を計画していた信長の命令に従う意向を示しており、岡山県立博物館の内池英樹主幹は「本能寺の変直前のやりとりが史料で初めて明らかになった。本能寺の変に影響を与えた可能性がある」と話している。

天正10年(1582年)、光秀が本能寺の変を計画すると、藤田行政溝尾茂朝明智秀満などの一部の重臣に計画を打ち明けているが、利三もその中に含められている(『信長公記』『川角太閤記』)。利三はその無謀さから秀満と共に光秀に対し反対したと言われている(『備前老人物語』)。しかし主君の命令には逆らえず、また光秀の恩義に報いるため、結局は本能寺の変に首謀者の一人として参加せざるを得なくなったとされる。

本能寺の変にて織田信長織田信忠義弟斎藤利治を討った後、備中から引き返してきた羽柴秀吉との山崎の戦いでは先鋒として活躍するが、敗れて逃走した。山崎から逃れてからは近江志賀郡の堅田に潜伏していた(『豊鑑』)[6]。この地は光秀の重臣猪飼秀貞の領地であったが、秀貞が利三を騙して捕縛し、秀吉に突き出した。一緒に潜んでいた利三の息子二人は斬られたとされる(『兼見卿記』)[6]。6月18日、市中引き回しのうえ、六条河原で処刑された[6]。23日、光秀と利三の首と胴体は繋がれて、三条粟田口で改めて磔刑となった(『兼見卿記』)[7]

光秀は吉田兼和に謀反の真相を語っており、そこから公家衆にも真相が伝わったといえる。その内容は、「斎藤蔵助、今度謀叛随一也」(『言経卿記』)とあることから、利三が首謀者であり光秀を主導していたことが分かる[8]。したがって、計画性のない無謀な戦いを推し進め、光秀の後押しをしたのは利三ではないかと考えられる。利三としても、兄石谷頼辰の縁戚を保護するために信長の排除が必要になったといえる[9]

その後、利三の遺骸は友人である絵師の海北友松や東陽坊長盛が夜間に奪い取り、長盛が住職をつとめる真如堂へ葬られた。現在も友松と並んで墓が立っている[7]

人物・逸話[編集]

月下の斥候
『月下の斥候』 - 山崎の戦いを前に偵察に赴く
堅田浦の月
『堅田浦の月』- 山崎の戦いに敗れ堅田に逃れた
月岡芳年の『月百姿』より2点
  • 利三は、堺の豪商津田宗及等と茶の湯を嗜むなど、高い教養を兼ね備えていたとされる[10]
  • 徳川家光乳母春日局は、利三の娘である。また、利三の妹は、永禄6年に長宗我部元親の妻となり、嫡子長宗我部信親など九人の子供を出産している[11]
  • 本能寺の変にて二条新御所で義弟となる同じ美濃斎藤氏斎藤利治と戦う。最後は利三が利治を攻めて利治は討死(忠死)した[12][13]。利治は病で加治田城において静養していると考えていたようであるが、二条新御所において見事な防戦(奮戦)をしているのを確認し、降伏勧告をしたとされるが、利治は忠死を選んだ。

斎藤利三を演じた人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 明智軍記』では「としかず」とのルビのある箇所がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 桐野 2020, p. 98.
  2. ^ 桐野 2020, p. 101.
  3. ^ 桐野 2020, p. 108.
  4. ^ 宮本義己「絶頂期への軌跡-天下の面目をほどこし候-」『俊英 明智光秀』〈『歴史群像シリーズ』【戦国】セレクション〉、2002年
  5. ^ 桐野 2020, p. 120.
  6. ^ a b c 桐野 2020, p. 211.
  7. ^ a b 桐野 2020, p. 212.
  8. ^ 諏訪勝則『明智光秀の生涯』(吉川弘文館、2019年)180頁
  9. ^ 諏訪勝則『明智光秀の生涯』(吉川弘文館、2019年)216頁
  10. ^ 風間洋「明智光秀関係人名事典」(二木謙一編『明智光秀のすべて』新人物往来社、1994年)
  11. ^ 風間洋「明智光秀関係人名事典」(二木謙一編『明智光秀のすべて』新人物往来社、1994年)
  12. ^ 富加町史編集委員会編 『富加町史』 下巻 富加町、1980年、232頁。 
  13. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻十五 「中将信忠卿、二条にて歴々御生害の事」

参考文献[編集]

書籍
  • 宮本義己 「絶頂期への軌跡-天下の面目をほどこし候-」 『俊英 明智光秀』〈歴史群像シリーズ 【戦国】セレクション〉、2002年。 
  • 桐野作人 『明智光秀と斎藤利三-本能寺の変の鍵を握る二人の武将―』 宝島社、2020年。 
史料
  • 『川角太閤記』
  • 『寛政重修諸家譜』
  • 『備前老人物語』
  • 『明智軍記』
  • 翁草

関連項目[編集]

外部リンク[編集]