元親夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元親夫人(もとちかふじん、生年不詳 - 天正11年7月22日1583年9月8日[要出典]))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。土佐国大名長宗我部元親正室。名は不明。

生涯[編集]

石谷光政の娘として誕生。母は蜷川親順の娘。義理の兄(姉の夫)に石谷頼辰がいる。斎藤利三はその頼辰の弟。

永禄6年(1563年)、長宗我部元親25歳の時に土佐国へ輿入れする。輿入れの際には元親が京都上洛したといわれている(『言継卿記』によれば石谷頼辰の紹介で長宗我部氏が上洛と記載有り)。その後、信親親和親忠盛親一条内政正室・吉良親実正室・阿古姫佐竹親直正室)・吉松十左衛門正室を生む。

天正11年(1583年)[要出典]、死去。墓所は不明。

元親夫人と中央政権とのつながり[編集]

天正3年(1575年四万十川の戦いで土佐国を統一した元親は信長の重臣となった光秀を通じて、嫡男の弥三郎(後の信親)の烏帽子親としての一字と、四国の切り取り自由の許可を貰った。しかし、信長が石山本願寺武田勝頼と強敵を滅ぼし、敵が毛利輝元上杉景勝などに絞られると、四国切り取り自由の約定を反故とし、土佐一国と阿波二郡を安堵するので兵を引くように命じた。これを元親が突っぱねると、信長は三男織田信孝を総大将とし、四国征伐の遠征軍を向かわせようとした。ところが明智光秀の本能寺の変が起こり、危機を脱した。このことから、斎藤利三が縁者である石谷氏の危機を救うために光秀に直訴したことが本能寺の変の原因になった、とする説がある[要出典]

関連作品[編集]