江守徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年5月
えもり とおる
江守 徹
江守 徹
本名 加藤 徹夫(かとう てつお)
生年月日 (1944-01-25) 1944年1月25日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
血液型 A型
職業 俳優演出家
活動期間 1963年 -
活動内容 1962年:文学座研究所入所
1963年:『トスカ』で初舞台
1966年文学座座員
1975年:『元禄太平記
1989年:『社葬
2000年:『葵 徳川三代
2016年文学座代表
配偶者 既婚
主な作品
舞台
オセロー』/『ハムレット
アマデウス』/『マクベス
リチャード三世』/『リア王
テレビドラマ
元禄太平記』/『隠し目付参上
『二本の桜』/『山田太一のジャンプ』
琉球の風』 / 『八代将軍吉宗
憲法はまだか』/『葵 徳川三代
不毛地帯』/『坂の上の雲
映画
社葬』/『動天
おろしや国酔夢譚』/『マルタイの女
陽はまた昇る』/『プリンセス・トヨトミ

江守 徹(えもり とおる、1944年1月25日 - )は、日本俳優ナレーター劇作家演出家翻訳家。本名、加藤 徹夫(かとう てつお)。文学座代表。身長171cm、体重75kg。血液型はA型。芸名の由来は、フランスの演出家モリエールから。

来歴[編集]

東京都出身。出生前に父は戦死し、母・雪子の手で育てられる[1]板橋区立志村第一中学校から東京都立北園高等学校へと進む。同校で美術部・演劇部を掛け持ち、同級生に吉田日出子出崎統がいる。同高校卒業後、19歳で文学座に入る。映画好きの母の影響で、早くから俳優志望であったが、当時の東宝などの「ニューフェース」という言葉が嫌で、偶々杉村春子宇野重吉など、それらと違う新劇俳優の道を知ったのが文学座へ入った理由。風貌と演技力が買われ、次第に頭角をあらわす。以後、テレビや舞台において俳優・演出・台本などをこなす実力派俳優となった。特に実践から培われたシェイクスピアの演劇論はかなり専門的で、大学での演劇論の出前講座を受け持ったほどである。他、海外の戯曲の翻訳も手がける。1991年には『魔笛』で初のオペラの演出を手掛けている。数多くの番組、映画予告編などでナレーションも行っている。

テレビにおいてはNHKクイズ番組連想ゲーム』で珍回答を毎週披露していた。1990年代以降はバラエティ番組への出演も多く、俳優・中尾彬とのコンビは有名である。中尾とは気の置けない仲であり、番組やコマーシャルで共演することも多い。時にバラエティ番組などで口論することもあるが、あくまでもネタであるか、2人の頑固な性格によるものである。以前『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際に、「エモリン」と言われたことがある。また、文学座の重鎮的な存在であることから、浜田雅功が出る番組に登場する際には「文学座の偉いさん」などと呼ばれることがある(あるいは、テロップで強調されることがある)。

2007年2月末に軽度の脳梗塞で入院したが、翌月には「文学座設立70周年記念パーティー」に出席し、元気な姿を見せ「酒をやめました」と公言した。同年4月から仕事復帰している。一方で、以前からゲスト出演していた『踊る!さんま御殿!!』では、江守の変わらずの饒舌ぶりに明石家さんまから「江守さん、全快し過ぎでっせ!」と、突っ込まれていた。

2016年3月23日加藤武(2015年逝去)の後を受けて文学座代表に就任した[2]

エピソード[編集]

  • NHK BS2で『元禄太平記』の総集編が再放送されたときは、ゲストとして登場。司会のアナウンサーが「本放送回が残っていないので総集編は非常に貴重」と説明した際、「うちには全話録画してある」とコメントしていた。その江守自身が所有する元禄太平記の映像が2011年1月2日NHK衛星ハイビジョンで放送された『大河ドラマ50〜見せます! 大河のすべて〜』の番組にて紹介された。
  • かつては両切りピースを喫煙していた(現在は禁煙)。

私生活[編集]

  • 1971年、旅公演で知り合った俳優座の女優と結婚。1男2女あり。孫からは「てったん」と呼ばれている。

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ナレーション[編集]

朗読CD・カセット[編集]

コマーシャル[編集]

バラエティ番組[編集]

不定期に出演[編集]

NHK
日本テレビ系
TBS系
フジテレビ系

過去に出演[編集]

ラジオ[編集]

レコード[編集]

翻訳[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「人生に乾杯! 江守徹」『週刊朝日』2012年10月26日号
  2. ^ “文学座、新しい劇団代表に江守徹さん 任期は6年”. 朝日新聞. (2016年4月4日). オリジナル2016年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160416115741/http://www.asahi.com/articles/ASJ4446Q1J44UCVL00J.html?iref=comtop_list_cul_n03 2016年4月4日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
加藤武
文学座代表
2016年 -
次代:
現職