長宗我部信親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
長宗我部 信親
Chōsokabe Nobuchika.jpg
時代 安土桃山時代
生誕 永禄8年(1565年
死没 天正14年12月12日1587年1月20日
改名 千雄丸(幼名)→信親
別名 仮名:弥三郎
戒名 天甫寺常舜禅定門
墓所 高野山高知県高知市天甫寺[1]
主君 長宗我部元親
氏族 長宗我部氏
父母 父:長宗我部元親、母:元親夫人石谷光政の娘)
兄弟 信親親和親忠盛親右近大夫康豊、女(一条内政室)、女(吉良親実室)、女(佐竹親直室)、女(吉松十左衛門室)
正室:石谷夫人 (石谷頼辰の娘)
女(長宗我部盛親正室)
長宗我部信親の墓(高知市雪蹊寺

長宗我部 信親(ちょうそかべ のぶちか)は、安土桃山時代武将土佐国戦国大名長宗我部元親嫡男

生涯[編集]

出生と活躍[編集]

永禄8年(1565年)、土佐国の戦国大名・長宗我部元親の嫡男として誕生。母は元親の正室足利義輝の家臣・石谷光政の娘(明智光秀の家臣・斎藤利三の異父妹)。

幼少時から聡明であった[2]ため父から寵愛され、天正3年(1575年)に元親が中島可之助を使者として織田信長と誼を通じたとき、信長を烏帽子親として信長の「信」を与えられ、「信親」を名乗る。このとき、信長から左文字の銘刀と名馬を与えられた。なお、2013年に発見された『石谷家文書』(林原美術館所蔵[3])に所収された元親から石谷頼辰(信親の生母の義兄にあたる)に充てられた書状の中でこの信親が一字を与えられた際に信長は荒木村重を攻めていたと書かれており、荒木村重の反乱が発生した天正6年(1578年)に比定する説もある[4]

その後は父に従って各地を転戦した。信長没後の天正13年(1585年)、長宗我部氏は豊臣秀吉の四国攻めに降伏し、豊臣政権配下で土佐一国を領する大名となる。

戸次川の戦いと最期[編集]

天正14年4月5日、豊後大友宗麟豊臣秀吉に大坂で面会し、島津義久が豊後に進入してきたことを訴え救援を求めた[5]。秀吉はこれを了承し、黒田孝高に毛利の兵を総括させて先発させ、さらに讃岐の仙石秀久を主将にし、長宗我部元親・信親を加え豊後に出陣を命じた[6]

島津家久が豊後に侵入し、大友氏の鶴ヶ城を攻撃した。12月11日、仙石秀久と長宗我部信親は、これを救援しようと戸次川に陣をしいた。戦略会議において仙石秀久は川を渡り攻撃するべきと主張した(『土佐物語』)[7]、これに対して長宗我部元親は加勢を待ちそれから合戦に及ぶべきであるとして、仙石の作戦に反対をしたが(『元親記』)(『土佐物語』)[8]、仙石は聞き入れず、十河存保も仙石に同調した。このため川を渡って出陣することになり戦闘は12月12日の夕方から13日にかけて行われた[9]。先陣の仙石の部隊が真っ先に敗走したため、長宗我部の3千の兵が新納大膳亮の5千の兵と戦闘状態になったが、元親と信親は乱戦の中に離ればなれになってしまった。元親は落ちのびることができたが、信親は中津留川原に留まったものの、鈴木大膳に討たれた[10]。享年22。信親に従っていた700人も討死にし、十河存保も戦死し、鶴ヶ城も落城した[11]


元親は信親の戦死を悲しみ、谷忠兵衛を使者として島津の陣に遣わし、遺骸をこい受けて、高野山の奥の院に納めたが、のちに分骨して高知市長浜の天甫寺に埋葬した[12]

人物・逸話[編集]

信親は文武に優れ礼儀正しく、父・元親は信親の将来を大いに嘱望し、また家臣や土佐国の民からの人望も厚かったといわれる[13]。元親は信親のために一流の学問・武芸の師を畿内など遠国から招いて英才教育を施し、長宗我部家のさらなる覇業を託していた。立派な若武者に成長した信親を元親は、「樊噲前漢の初代皇帝・劉邦の腹心の豪傑)にも劣るまい」と自慢し期待を寄せていたという。織田信長は信親の噂を聞いたとき、自らの養子に迎えたいと述べたという逸話もある。

身長は「背の高さ六尺一寸(約184cm)」、容貌は「色白く柔和にして」「詞すくなく礼儀ありて厳ならず」と記され、知勇兼備の武将であったといわれる(『土佐物語』)[14]。走り跳びで2間(約4m)を飛び越え、飛びながら刀を抜くこともできたという[15]ルイス・フロイスの『日本史』によると、キリスト教入信を考えていたとされる(父・元親はキリスト教の洗礼を受けている)。

元親の信親への期待が大きかったため、戦死したことの打撃も大きく、岡豊に帰った元親の生活は、これ以後一変したとされる[16]

関連作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天甫寺は廃寺となったため、雪繋寺に移された。
  2. ^ 「詞遣ひ、衣紋、立居行跡に至る迄、優にやさし(い)」(『土佐物語』)。「詞寡く礼譲ありて厳ならず、戯談すれどもみだりならず、諸士を愛し(た)」(『土佐物語』)。
  3. ^ 林原美術館所蔵の古文書研究における新知見について―本能寺の変・四国説と関連する書簡を含む一般財団法人 林原美術館、岡山県立博物館、2014年06月23日
  4. ^ 平井上総「長宗我部元親の四国侵攻と外交関係」平井 編『シリーズ・織豊大名の研究 第一巻 長宗我部元親』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-125-7 総論(P9-10)
  5. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、138頁)
  6. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、138頁)
  7. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、139頁)
  8. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、138-140頁)
  9. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、140頁)
  10. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、141頁)
  11. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、141頁)
  12. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、142頁)
  13. ^ 『土佐物語』 「(信親に)国人自ら敬い馴れ懐く事、父母の思(い)」
  14. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、142頁)
  15. ^ 『土佐物語』に、「常に3間(5.4m)の堀を飛び越え、落ち着かざる先に3尺5寸の太刀を抜き給う」と記される。
  16. ^ 山本大『長宗我部元親 新装版』(吉川弘文館、1987年、143頁)

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『土佐物語』
  • 『フロイス日本史』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]