林原美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 林原美術館
Hayashibara Museum of Art
林原美術館長屋門
施設情報
専門分野 東洋古美術
管理運営 一般財団法人林原美術館
延床面積 1,919m2
開館 1964年10月1日
所在地 700-0823
岡山市北区丸の内2-7-15
位置 北緯34度39分49秒
東経133度55分60秒
座標: 北緯34度39分49秒 東経133度55分60秒
プロジェクト:GLAM
本館

林原美術館(はやしばらびじゅつかん、Hayashibara Museum of Art)は、岡山県岡山市北区岡山城址にある岡山県の登録博物館。運営は、一般財団法人林原美術館。2016年現在、代表理事・長瀬玲二(長瀬産業取締役副会長)、館長・谷一尚

概要[編集]

実業家・林原一郎(1908年 - 1961年)の逝去に際し、刀剣を中心にした古美術コレクションをもとに1961年に財団法人を設立、1964年に岡山美術館として開館した。その後岡山県立美術館設立に伴い、同館開館に先立ち1986年に林原美術館に改称した。

林原コレクションの他に岡山藩主・池田家の伝来品も収蔵している。池田家伝来品には能装束・狂言装束など狂言に関係する優品が多いことで知られる。国宝の「太刀 銘吉房」や「洛中洛外図」(池田本)などが代表的な収蔵品である。

なお、当館収蔵の「平家物語絵巻」(越前松平家伝来)は、国内に現存を確認されている唯一の完本であり、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリによってCD-ROM化されている。

2011年に美術館の母体である林原 (企業)が経営破綻により長瀬産業の子会社となったことで、美術館の移管が検討されたが引き受け先が見つからず、2015年に新体制の林原によって美術館支援が継続されることになった[1]

所蔵文化財[編集]

(*)印は株式会社林原所有で、林原美術館が保管する文化財。無印は一般財団法人林原美術館の所有。

なお、林原所有の美術品は、2011年の同社倒産に伴い、プライスウォーターハウスクーパースにより処分され所有者が変更されている[2]。また、2015年に美術館は、財政の健全化に向けて所蔵品の整理を行い、一部手放すことを検討する旨発表した[3]

国宝[編集]

  • 太刀 銘吉房
  • 太刀 銘備前国長船住左近将監長光造
  • (*)短刀 無銘正宗(名物九鬼正宗)

重要文化財[編集]

  • 絹本著色清明上河図 明時代、趙浙筆
  • 紙本金地著色洛中洛外図
  • 能装束 縫箔葭水禽文
  • 能装束 縫箔菊橘文
  • 能装束 白地草花文肩裾縫箔
  • 能装束 紅白締切菊桐文段替唐織
  • 紅地菊枝桐亀甲文唐織小袖
  • 能装束 紅地山桜円文蔓草模様縫箔    
  • 能装束 摺箔紅白段桜花文
  • (*)綾杉地獅子牡丹蒔絵婚礼調度 19種(明細は後出)
  • 紺糸威胴丸 兜・大袖付
  • 太刀 銘正恒
  • 小太刀 銘正恒[4]
  • 太刀 銘備州住高光作 元亨二二年七月日(「二二年」は「四年」の意)
  • 太刀 銘一
  • 刀 無銘一文字
  • 太刀 銘光忠
  • 太刀 銘備前国長船住左近将監長光造 正応二年十月日
  • 太刀 銘近包
  • 太刀 銘正恒(青江)
  • (*)太刀 銘末守
  • (*)太刀 銘吉家
  • (*)太刀 銘吉包
  • (*)太刀 銘助真
  • (*)太刀 菊御作
  • アジア航海図(羊皮紙着色)
洛中洛外図(池田本) 洛中洛外図(池田本)
洛中洛外図(池田本)

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

特記事項[編集]

  • 林原美術館の場所にはかつて岡山城二の丸屋敷の対面所が存在していた。対面所の建物は明治維新後には取り壊されたが、その跡に岡山藩の支藩・生坂藩(岡山新田藩)の武家屋敷の長屋門などの建物が移築され、旧藩主池田家の事務所として利用されていた。しかし、1945年(昭和20年)6月29日岡山空襲により長屋門と土蔵を残して焼失。美術館建設に際し、焼け残った長屋門は美術館入口として、土蔵は展示室として保存・活用された。

脚注[編集]

  1. ^ 林原美術館への支援について株式会社 林原、2015年10月07日
  2. ^ 『破綻 バイオ企業・林原の真実』林原靖、ワック (2013/7/24)
  3. ^ 林原美術館の運営について一般財団法人 林原美術館、2015年10月07日
  4. ^ 館では本品の名称を「太刀」としている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]