岡山県立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 岡山県立博物館
Okayama Prefectural Museum
160702 Okayama Prefectural Museum Okayama Japan01s3.jpg
岡山県立博物館の位置(岡山県内)
岡山県立博物館
岡山県内の位置
施設情報
管理運営 岡山県
開館 1971年8月
所在地 703-8257
岡山市北区後楽園1-5
位置 北緯34度40分6秒 東経133度56分2秒 / 北緯34.66833度 東経133.93389度 / 34.66833; 133.93389座標: 北緯34度40分6秒 東経133度56分2秒 / 北緯34.66833度 東経133.93389度 / 34.66833; 133.93389
プロジェクト:GLAM

岡山県立博物館(おかやまけんりつはくぶつかん、Okayama Prefectural Museum)は、岡山県岡山市北区後楽園外苑にある博物館

概要[編集]

現在の岡山県域に中心があり、古代に繁栄した吉備国をはじめとした原始・古代からの数多くの文化遺産を収集・保存し、その代表的なものを展覧することを目的とし、1971年昭和46年)8月に岡山県政100周年の記念事業の一環として開館した。収蔵品には国宝の鎧、国の重要文化財の絵画、刀剣、考古資料等が含まれる。

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年)10月、建築工事着工。
  • 1971年(昭和46年)6月、建築工事完工。7月、岡山県立博物館条例の公布。8月、開館。
  • 2004年(平成16年)、岡山県立博物館友の会設立。
  • 2005年(平成17年年)、デジタルミュージアム公開開始。

所蔵文化財[編集]

国宝[編集]

  • 赤韋威鎧 兜、大袖付(附:唐櫃)(あかがわおどしよろい かぶと・おおそでつき つけたり:からびつ)
備中赤木家に伝来した、平安時代後期にさかのぼるで、兜と大袖(両肩から上腕部を護る防具)を具備する。「韋」は甲冑用語で鹿のなめし皮を指すが、赤韋を用いた鎧は珍しい。現存する平安時代の甲冑の多くが神社への奉納品で後世の修復が多いのに対し、この鎧・兜は破損が多く、一部に補修があるとはいえ、製作当初の状態を良好に残す点で、資料的に貴重である。

重要文化財(国指定)[編集]

  • 絹本著色宇喜多能家像 大永四年八月九峯宗成賛(大永四年は1524年) 
  • 太刀 銘則宗
  • 太刀 銘長光
  • (*)大飛島祭祀遺跡出土品84点 奈良 - 平安時代
  • 特殊器台 岡山県総社市宮山遺跡出土 弥生 - 古墳時代
  • 突線流水文銅鐸(附:貨泉25枚、棒状銅製品1個) 岡山市高塚遺跡出土

(*)印は国(文化庁)の所有で、岡山県立博物館が保管している文化財。

利用案内[編集]

以下の情報は2018年7月現在のものである。利用時には公式ホームページを参照されたい。

開館時間
  • 夏季(4月~9月):9:00〜18:00、冬季(10月~3月):9:30〜17:00
休館日
  • 月曜日(祝日除く。月曜日が祝日の場合は翌日。)
入館料
  • 個人、大人(15歳以上65歳未満):250円
  • 65歳以上 :120円
  • 団体(30人以上):200円
  • 65歳以上/団体(30人以上):100円
  • 高校生以下、身体障害者手帳療育手帳もしくは精神障害者保健福祉手帳所持者(付添人含む)、岡山県内の大学等に在学する外国人留学生、学校教育活動の一環で入館する小・中・高校生は無料である。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]