岡山市立オリエント美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 岡山市立オリエント美術館
Okayama Orient Museum
160319 Okayama Orient Museum Okayama Japan02n.jpg
施設情報
専門分野 古代オリエント美術品[1]
管理運営 岡山市教育委員会
延床面積 4,336m2[1]
開館 1979年(昭和54年)[1]
所在地 700-0814
岡山市北区天神町9-37[1]
位置 北緯34度39分59秒
東経133度55分48秒
プロジェクト:GLAM
中庭
展示室

岡山市立オリエント美術館(おかやましりつオリエントびじゅつかん)は、岡山県岡山市北区にある美術館[1]岡山市教育委員会が管理を行っている。

概要[編集]

学校法人岡山学園より、古代オリエントの美術品が1,947点寄贈された事を機に1979年昭和54年)に開館した[1]

寄贈されたコレクションは安原真二郎岡山学園理事長が親交のあった東京大学名誉教授江上波夫と、東京大学東洋文化研究所教授深井晋司の指導のもとに形成されたものであり、学問的に系統だった資料が収集されている。

当美術館の開館後も古代オリエントの美術品を収集し、国内唯一の古代オリエントを専門とする公立の美術館として西日本における研究拠点としても機能している[1]

寄贈や寄託を含め[1]2011年(平成23年)3月現在では、4,942点もの収蔵品を抱えている。

2004年(平成16年)には開館25周年記念事業の一環として貴重な「アッシリア・レリーフ」を購入し、古代オリエント研究者としても著名な三笠宮崇仁親王が特別顧問に就任した。

建築概要[編集]

  • 設計 - 岡田新一設計事務所[1]
  • 敷地面積 - 1,786m2[1]
  • 延床面積 - 4,336m2[1]
  • 竣工 - 1979年(昭和54年)[1]
  • 所在地 - 岡山県岡山市北区天神町9-37[1]
  • 規模 - 地下1階、地上3階、屋階1階
  • 構造 - 鉄筋コンクリート[1]、直接基礎
  • 受賞 - BCS賞[1]公共建築賞文化部門最優秀賞[1]BELCA賞ロングライフ部門賞[1]

利用案内[編集]

以下の情報は2014年(平成26年)3月現在のものである。利用時には公式ホームページを参照されたい。

開館時間
  • 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
  • 月曜日(休日除く)、年末年始、展示入替期間
常設展入館料
  • 個人
    • 一般:300円、高校生・大学生:200円、小・中学生:100円
  • 団体(20名以上)
    • 一般:240円、高校生・大学生:160円、小・中学生:80円
  • 65歳以上、身体障害者手帳所持者(付添人含む)、学校教育活動の一環で入館する岡山市内の小・中学生は無料である。

※特別展は別料金となる。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “岡山市のオリエント美術館設計/岡田新一と特命随契”. 建設通信新聞(建設通信新聞社). (2014年10月3日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]