滋賀県立陶芸の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

滋賀県立 陶芸の森(しがけんりつ とうげいのもり、英文名称:The Shigaraki Ceramic Cultural Park)は、滋賀県甲賀市信楽高原にある美術館コンベンション施設と研修施設を備えた都市公園信楽焼の情報発信と文化・産業の振興、人材育成、文化創造の環境提供、そして県民のレクリエーションを目的として1990年6月に開設された。公益財団法人滋賀県陶芸の森が指定管理者として管理運営を行う。

正面
創作研修館
産業展示館
陶芸館(美術館)
星の広場(野外展示場)

概要[編集]

六古窯の一つ信楽焼の産地として有名な信楽の市街地(標高300m)を見下ろす丘陵(標高350m)に位置する面積40haの都市公園で、自然の地形と森林を生かした公園内には、陶芸専門の美術館、展示館、研修館を分散して設置し、遊歩道を巡らせている。 野外展示場「星の広場」のほか、園内のいたるところに当施設で焼成された陶芸作品が野外展示されている。

2008年(平成20年)に発足した日本の陶磁専門公立博物館で構成される組織「陶磁ネットワーク会議」の創立メンバーである[1]

主な施設[編集]

利用情報[編集]

  • 開園時間 - 9時30分~17時00分(陶芸館、信楽産業展示館への入館は16時30分まで)
  • 休園日 - 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始
  • 入園無料
  • 所在地 - 〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度53分10.4秒 東経136度3分30.9秒