姫路市書写の里・美術工芸館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 姫路市書写の里・美術工芸館
Shosha Art & Craft Museum
Shosha Art and Craft Museum01n4592.jpg
施設情報
専門分野 神戸地域の歴史、南蛮美術
事業主体 兵庫県姫路市
開館 1994年
所在地 671-2201
兵庫県姫路市書写1223番地
プロジェクト:GLAM
本館
上空の書写ロープウェイから撮影

姫路市書写の里 美術工芸館(ひめじししょしゃのさと びじゅつこうげいかん)は兵庫県姫路市書写山の麓、夢前川の畔にある美術館

概要[編集]

1994年に開館した。本館は書写山圓教寺をイメージさせる大屋根、瓦葺の外観である。 展示室は6室あり、「展示室A」では郷土出身の元東大寺管長・清水公照の作品や愛蔵品を常設展示する。 工芸工房では、伝統工芸職人による姫路はりこや姫路こま等製作の実演がされており、絵付けの体験などもできる。

施設[編集]

建築概要[編集]

  • 竣工 - 1994年
  • 設計 - 宮脇檀建築研究室
  • 施工 -大成建設・大谷建設JV
  • 延床面積 - 本館:2,524m2  交流庵:約88m2 竹林工房
  • 受賞 - '97第3回くすのき建築文化賞/兵庫県建築士事務所協会、97第6回さわやか街づくり賞(建築物部門)/兵庫県知事賞

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

参考文献[編集]

  • 姫路市書写の里美術工芸館入館のご案内(2014年8月17日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度52分50.2秒 東経134度39分59.1秒