コンテンツにスキップ

高岡市美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高岡市美術館
TAKAOKA ART MUSEUM

高岡市美術館

地図
高岡市美術館
地図
施設情報
前身 高岡市立美術館
専門分野 美術工芸金属造形
事業主体 高岡市
管理運営 公益財団法人 高岡市民文化振興事業団
建物設計 内井昭蔵(内井昭蔵建築設計事務所)
延床面積 5,630.99m2
開館 1994年平成6年)9月15日
所在地 933-0056
富山県高岡市中川一丁目1番30号
位置 北緯36度45分4.55秒 東経137度1分35.52秒 / 北緯36.7512639度 東経137.0265333度 / 36.7512639; 137.0265333座標: 北緯36度45分4.55秒 東経137度1分35.52秒 / 北緯36.7512639度 東経137.0265333度 / 36.7512639; 137.0265333
アクセス JRあいの風とやま鉄道高岡駅から徒歩20分
JR越中中川駅から徒歩2分
万葉線志貴野中学校前停留場から徒歩10分
外部リンク 高岡市美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

高岡市美術館(たかおかしびじゅつかん、TAKAOKA ART MUSEUM)は、富山県高岡市中川にある公立美術館。この項目では、高岡市美術館の前身である高岡市立美術館(たかおかしりつびじゅつかん)についても解説する。

概要

[編集]

1994年平成6年)9月15日に開館[1]美術工芸金属造形を中心とする常設展示や定期的な企画展示が行われる。建物は地上2階、地下1階。1階には受付、企画展示室など、2階には高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー、テラスなど、地下1階にはショップ、駐車場などがある。1998年(平成10年)に建設省の「公共建築百選」に選ばれている。

歴史

[編集]

1951年昭和26年)4月に開催された高岡産業博覧会の美術館パビリオンとして、高岡古城公園内に木村得三郎の設計により建設され、同年8月26日に公立美術館として開館。第二次世界大戦後北陸では初、高松市立美術館(現高松市美術館)に次いで設立された公立美術館であった。当時、東京都美術館京都市美術館神奈川県立近代美術館など、数える程しかなかった公立美術館のひとつだった。この建物は現在も高岡市立博物館本館として利用されている。

1970年(昭和45年)、高岡市立美術館に改称。

1992年(平成4年)2月、美術館の狭隘化により、新しい美術館の建設が決定し、同年3月に市民総合文化広場(高岡文化の森)の拠点施設として着工した[1]

1994年(平成6年)4月28日[2]、地下1階地上2階建て[1]の新しい美術館が完成し[2]、同年9月15日に開館。現在の高岡市美術館に至る。開館と同時に県内の美術館として初めて110インチの大型画面を備えたハイビジョンシアターが設置された[1]

2013年(平成25年)12月1日から翌年1月5日まで高岡市出身の藤子・F・不二雄生誕80年の記念展を開催し、期間中、高岡銅器の「高岡市ドラえもんポスト」をアートギャラリーに設置し[3]、反響が大きかったため、改めて高岡市美術館エントランスホールに2014年1月6日から2月28日まで設置(2014年3月29日に高岡駅待合室(交通広場)内に移設)[4]

2015年12月1日に「高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」を美術館2階に開設した[5][6]

展示室・施設

[編集]

高岡市美術館の建物の設計は建築家内井昭蔵が手掛けた。建築面積 3152.98m2、鉄筋コンクリート造、地上2階、地下1階、塔屋1階建て。延床面積 5,630.99m2、展示面積 1,488.21m2

地下1階
1階
  • エントランスホール、受付、コインロッカー、企画展示室 1・2・3、アートホール、光と水の塔、休憩コーナー
2階
  • 高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー[5][6]、ギャラリーショップ、テラス

シンボルマーク

[編集]

高岡市美術館のシンボルマークのデザインは、グラフィックデザイナー松永真が手掛けた。

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d 『北日本新聞』1994年9月16日付朝刊1面『高岡市美術館オープン 「高岡の現代絵画展」開幕』より。
  2. ^ a b 『北日本新聞』1994年4月29日付朝刊30面『高岡市美術館が完成 ハイビジョン設備を公開』より。
  3. ^ 高岡市美術館に高岡銅器製のドラえもんポストが登場!藤子・F・不二雄氏のギャラリーも開設。”. 高岡市観光ポータルサイト「たかおか道しるべ」 (2013年12月3日). 2019年7月27日閲覧。
  4. ^ 「高岡市ドラえもんポスト」の今後の設置場所について 高岡市 2014/01/07
  5. ^ a b 八田伸拓 (2015年12月2日). “高岡の子、響く歓声 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 富山全県版 
  6. ^ a b “富山県高岡市に「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が12/1にオープン”. マイナビニュース. (2015年11月25日). https://news.mynavi.jp/article/20151125-a013/ 2019年7月27日閲覧。 

参考文献

[編集]

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]