東京芸術大学大学美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東京藝術大学大学美術館
The University Art Museum
- Tokyo University of the Arts
University Art Museum, Tokyo University of the Arts 2009.jpg
施設情報
専門分野 美術
収蔵作品数 29,000点余り
事業主体 国立大学法人東京藝術大学
建物設計 東京藝術大学施設課・六角鬼丈(本館)
岡田信一郎(陳列館)
金沢庸治(正木記念館)
六角鬼丈(取手館)
開館 1999年(本館)
所在地 110-8714
東京都台東区上野公園12-8
東京芸術大学美術学部構内
位置 北緯35度43分9.1秒 東経139度46分17.4秒 / 北緯35.719194度 東経139.771500度 / 35.719194; 139.771500座標: 北緯35度43分9.1秒 東経139度46分17.4秒 / 北緯35.719194度 東経139.771500度 / 35.719194; 139.771500
アクセス JR・東京メトロ上野駅
京成本線京成上野駅より徒歩
外部リンク https://www.geidai.ac.jp/museum/
プロジェクト:GLAM

東京藝術大学大学美術館(とうきょうげいじゅつだいがく だいがくびじゅつかん)[1]は、東京都台東区上野公園東京芸術大学美術学部構内にある美術館である。東京芸術大学の前身である東京美術学校 (旧制)以来のコレクションや歴代卒業生の作品などを収蔵展示している。

概要[編集]

東京藝術大学美術学部の前身は、日本美術復興運動に取り組んでいた岡倉天心アーネスト・フェノロサらの尽力によって1887年明治20年)に設立され、1889年に開校した東京美術学校である。開校当時の教官には橋本雅邦川端玉章らがおり、初期の学生には横山大観下村観山菱田春草ら、日本の近代美術史上著名な人物が揃っていた(初代校長は、文部省専門学務局長の浜尾新が暫定的に務め、岡倉天心は2代校長である)。東京美術学校では、伝統美術の復興を目指す岡倉天心の教育方針もあり、学生の参考資料として、開校以前から古美術品を収集していた。さらに、美術学校としての特性から、歴代教官の作品、学生の卒業制作、文部省買上げ美術品などが2万9千件以上収蔵されている。

東京美術学校では、収蔵品を展示するために1929年昭和4年)に赤煉瓦造の「陳列館」(岡田信一郎設計)、1935年(昭和10年)に白壁、瓦葺で城郭風の「正木記念館」を建設した。正木記念館は1901年(明治34年)から1932年(昭和7年)まで校長を務めた正木直彦を記念して建てられたものである。これらの展示館は1970年(昭和45年)東京芸術大学芸術資料館という名称で一般向けにも開館し、展覧会開催中は学外の人も自由に観覧できるようになった。しかし、一般公開されるようになったとはいえ、これらの展示館はスペースも限られ、近代的な美術館の機能を果たしているとは言いがたかった。1998年平成10年)に芸術資料館は東京藝術大学大学美術館と改称。翌1999年にミュージアムショップやカフェテリアを備えた新館が完成した。また、これと前後して1994年には茨城県取手市の取手キャンパスに取手分館が設置された。大学美術館では、大学自体の収蔵品の展示公開のほか、さまざまな特別展を開催している。

主な収蔵品[編集]

古美術[編集]

絵因果経/過去現在因果経 国宝(画像は1941年審美書院による木版複製)
  • 絵因果経(国宝)奈良時代の絵画資料として貴重なもの。
  • 観世音寺資材帳(国宝)福岡・観世音寺の財産目録。延喜5年(905年)
  • 浄瑠璃寺吉祥天像厨子扉絵(重文)
  • 小野雪見御幸絵詞(重文)
  • 羅漢図(重文)
  • 弥勒来迎図(重文)
  • 天部像(醍醐寺五重塔壁画の一部)(重文)
  • 槙楓図 尾形光琳筆(重文)
  • 大日如来坐像 快慶
  • 銅造菩薩立像(重文)奈良時代
  • 白銅鏡(重文)
  • 瑞花双鳳八稜鏡(重文)
  • 法隆寺裂(重文)
  • 狩猟文銅筒(重文)中国・

近代美術[編集]

『序の舞』 1936年(昭和11年)絹本着彩 233cm×141.3cm
  • 狩野芳崖『悲母観音』(重文)芳崖は東京美術学校教官に就任予定だったが、同校の開校直前に世を去った。
  • 狩野芳崖『不動明王』(重文)
  • 橋本雅邦『白雲紅樹』(重文)
  • 横山大観『村童観猿翁』(1893年、卒業制作)
  • 下村観山『岡倉天心肖像画稿』
  • 菱田春草『寡婦と孤児』(1895年、卒業制作)
  • 高橋由一『鮭』(重文)
  • 高橋由一『花魁』(おいらん)(重文)
  • 浅井忠『収穫』(重文)
  • 原田直次郎『靴屋の親爺』(重文)
  • 上村松園『序の舞』(重文)
  • 藤島武二『造花』
  • 鏑木清方『一葉』
  • 金山平三『自画像』(1909年、卒業制作)
  • 佐伯祐三『自画像』(1923年、卒業制作)
  • 小磯良平『彼の休息』(1927年、卒業制作)

特記事項[編集]

展覧会会期以外は閉館。開館時間・休館日・料金その他の利用案内は、公式サイトを参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]