梅野記念絵画館・ふれあい館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
施設情報
前身 北御牧村立梅野記念絵画館・ふれあい館
事業主体 東御市
所在地 長野県東御市八重原935-1
外部リンク www.umenokinen.com
プロジェクト:GLAM

梅野記念絵画館・ふれあい館(うめのきねんかいがかん・ふれあいかん)は、1998年(平成10年)に開館した長野県東御市立の総合交流施設(美術館相当施設)である。旧称「北御牧村立梅野記念絵画館・ふれあい館」。

芸術むら公園内にあり[1]、ホールとともに「東御市総合交流促進施設」を成す[2]

概要[編集]

美術品コレクターであった梅野隆および、梅野満雄のコレクションを主な収蔵品としている。また、梅野満雄が生前に交友が深かったことから、青木繁坂本繁二郎に関する資料を展示している。ふれあい館では市民による展覧会や企画展が開催される。今後は、梅野コレクションを継承しながら、東御市立の絵画館および総合交流促進施設として、地域に根付いた展覧会やイベントを開催していく予定。

秋頃には火のアートフェスティバル、天空の芸術祭などのイベントが開催され、会場には2万人近い来場者が訪れる。

その他[編集]

梅野満雄の収集した青木繁の作品群が、石橋正二郎ブリヂストンの創業者)のコレクション(久留米市美術館収蔵)の元となっている。[3]

歴史[編集]

  • 1998年 「北御牧村立梅野記念絵画館・ふれあい館」として開館
  • 2004年 自治体の合併に伴い名称を「東御市梅野記念絵画館」へ変更

施設[編集]

  • 梅野記念絵画館 - 収蔵された資料(後述)の展示のほか、企画展を開催。
  • ふれあい館 - 主に市民による作品展、企画展を開催
  • ミュージアムショップ
  • カフェ
  • ホール - 講演会のほか、市民によるコンサートを開催している

企画展[編集]

  • 私の愛する一点展

収蔵品[編集]

近代日本の物故作家の作品を中心に、近代画家の作品を中心に収蔵している。梅野隆の父である満雄が、青木繁、坂本繁二郎との交友が深かったことから、青木繁に関する資料や書簡の展示も行なっている。[4]

主な収蔵作家

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アクセス案内”. 梅野記念絵画館・ふれあい館. 2019年3月30日閲覧。
  2. ^ 東御市総合交流促進施設条例”. 東御市 (2018年4月1日). 2019年3月30日閲覧。
  3. ^ 青木繁と坂本繁二郎「能面」は語る. 丸善株式会社. (1995.3.30). ISBN ISBN 4-621-06022-8{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。. 
  4. ^ 北御牧村立梅野記念絵画館図録. 印象社. (1998.4.28). 

関連施設[編集]

  • アートヴィレッジ明神館 - 宿泊施設
  • 丸山晩霞記念館 - 東御市内の美術館。同市出身の水彩画家、丸山晩霞の作品を収蔵。
  • 東御市文化会館
  • 雷電生家

外部リンク[編集]