豊橋市美術博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 豊橋市美術博物館
Toyohashi City Museum Art and History
Toyohashi City Art Museum.jpg
豊橋市美術博物館の位置(愛知県内)
豊橋市美術博物館
愛知県内の位置
施設情報
正式名称 豊橋市美術博物館
専門分野 郷土の美術品
館長 金原宏行[1]
管理運営 豊橋市
建物設計 株式会社河合松永建築事務所
延床面積 3781.41m2
開館 1979年昭和54年)6月1日
所在地 440-0801
愛知県豊橋市今橋町3-1
位置 北緯34度46分9秒 東経137度23分41秒 / 北緯34.76917度 東経137.39472度 / 34.76917; 137.39472座標: 北緯34度46分9秒 東経137度23分41秒 / 北緯34.76917度 東経137.39472度 / 34.76917; 137.39472
公式サイト 豊橋市美術博物館 公式サイト (日本語)
プロジェクト:GLAM

豊橋市美術博物館(とよはししびじゅつはくぶつかん)は、豊橋公園城跡公園)内の愛知県豊橋市今橋町3-1にある市立美術館博物館である。

概要[編集]

豊橋市の市制70周年の記念事業の一環として建設が決定し、1979年昭和54年)6月1日に開館[2]。建物は、昭和54年度「第11回中部建築賞」を受賞している[3]

館内には、郷土作家の美術品約1,000点ほか、歴史陶磁器考古民俗の各資料を収蔵・展示している[4]

主な施設[編集]

  • 展示室(1階・2階)
  • 講義室(1階)
  • 休憩スペース(1階)
  • カフェレストラン「ポールダール」(1階)

利用について[編集]

主な所蔵作家[編集]

豊橋の現代日本画家、愛知の洋画家とその作風に影響を与えた画家の作品がおもに収蔵されている。

建築概要[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これからの博物館の在り方に関する検討協力者会議 委員名簿”. 文部科学省. 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ 美術博物館について”. 豊橋市美術博物館. 2015年2月13日閲覧。
  3. ^ a b 昭和54年度 第11回中部建築賞 入選作品 (PDF)”. 一般財団法人東海建築文化センター. 2015年2月13日閲覧。
  4. ^ コレクション”. 豊橋市美術博物館. 2015年2月13日閲覧。
  5. ^ a b 館の利用案内”. 豊橋市美術博物館. 2015年2月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 施設概要・沿革”. 豊橋市美術博物館. 2015年2月13日閲覧。
  7. ^ 交通案内”. 豊橋市美術博物館. 2015年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]