コンテンツにスキップ

岐阜県美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜県美術館
Museum of Fine Arts,GIFU
岐阜県美術館の位置(岐阜県内)
岐阜県美術館
岐阜県内の位置
施設情報
愛称 県民文化の森 岐阜県美術館
専門分野 美術館
オディロン・ルドン
収蔵作品数 4200点超(2018年現在)
館長 日比野克彦[1]
事業主体 岐阜県
建物設計 日建設計[2]
延床面積 7,758m2
開館 1982年昭和57年)11月
所在地 500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
位置 北緯35度24分5.69秒 東経136度43分50.13秒 / 北緯35.4015806度 東経136.7305917度 / 35.4015806; 136.7305917座標: 北緯35度24分5.69秒 東経136度43分50.13秒 / 北緯35.4015806度 東経136.7305917度 / 35.4015806; 136.7305917
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
実習棟
庭園
山本芳翠『裸婦』1880年頃
山本芳翠『浦島図』1893 - 1895年頃
ギュスターヴ・モロー『ピエタ』1854年

岐阜県美術館(ぎふけんびじゅつかん、Museum of Fine Arts,GIFU)は、岐阜県が運営している公立の美術館である。

概略 

[編集]

1982年昭和57年)11月開館。中部建築賞受賞。

岐阜県出身者やゆかりのある画家(大橋翠石川合玉堂など)・芸術家の作品を多数収蔵する一方、オディロン・ルドンの作品「眼を閉じて」、「あずまやの下の二人の女」などを多数収蔵している。展示は常設展示と企画展示があり、企画展示については年に6回程度行われている。

庭内には幾多のモニュメントが展示してあり、鑑賞しながら散策することができる。また、ミュージアムショップでは書籍やポストカードなどの他に、地元作家の小品や雑貨も販売されている。2010年平成22年)から展示室の増築工事が行われ、2012年(平成24年)1月にリニューアルオープンした。

第13回(2013年度)日本建築家協会25年賞受賞。[3]

大規模改修工事のため、2018年(平成30年)11月4日から休館し、2019年令和元年)11月3日にリニューアルオープンした。

博物館法上の博物館(登録博物館)である[4]。また、岐阜県独自の岐阜県まちかど美術館・博物館に登録されている。

主な収蔵品

[編集]

日本画

[編集]

日本の洋画

[編集]

西洋画

[編集]

工芸

[編集]

彫刻

[編集]

施設

[編集]

本館

[編集]
  • 構造:鉄筋コンクリート一部鉄骨造1階建
  • 床面積:7,758m2
  • 所蔵品展示室(795m2
  • 企画展示室(771m2
  • 県民ギャラリー(684m2
  • 多目的ホール

別棟

[編集]
  • 実習棟

交通

[編集]

公共交通機関

[編集]

自動車

[編集]

周辺

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 【人事】 平成27年度 美術館・博物館 新館長人事”. Art Annual online. 2015年7月12日閲覧。
  2. ^ 昭和58年度 第15回中部建築賞入賞作品” (PDF). 中部建築賞協議会. 2013年8月3日閲覧。
  3. ^ http://www.jia.or.jp/member/award/25years/2013/main.htm
  4. ^ 岐阜県内の登録博物館、指定施設一覧” (PDF). 岐阜県. 2024年6月30日閲覧。

参考文献 

[編集]
  • 岐阜県美術館学芸部 青山訓子 有元まなか編集 『岐阜県美術館名作50選 2018年度版』 岐阜県美術館、2018年

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]